5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【速報】米国産牛肉輸入、全面停止!!

145 : ◆fjVZTzycxc :2006/02/15(水) 22:02:27 ID:Dmi+N5bM
>144
はて?「検査した牛肉と、検査してない牛肉とじゃ、狂牛病にかかる確率が、何万倍も違う」・・・?

>>116 異常なプリオンがあっても、微量だと判別できない
20ヶ月以下であれば検査でひっかかることはほぼあり得ない、これは理解できているようで。
なぜなら検出限界に達するほどプリオンが増えることがほぼあり得ないため。
20ヶ月以上でも検出限界に達しなくてひっかからない牛がいる、これも理解できている。
つまり陰性牛のことですね。

>>106 プリオンは、蓄積ではなく、脳内で増えていって、脳がスポンジになるんだな
加齢によってプリオンが増えていくことも理解できている。
ここから、年をとるほどに検出限界ギリギリの牛も増える、という考えが導き出せる。
当然、陽性と判定される牛も出る可能性はある。

>>106 20再未満の牛は、安全じゃなくて、今の技術では、BSE感染していても、発見されないだけ。
20ヶ月以下の牛は、たとえ検査で陰性になろうとも、安全とは言い切れないと思っている。
同様に20ヶ月以上の牛も、検査で陰性になることがすなわち安全とは言い切れない。

以上から、月齢制限を取り除いても検査すれば危険性を低減させる事になる、とは思えない。
また20ヶ月以下に限定したところで、結局は検査にはひっかからず、この場合も危険性の低減は望めない。


97 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)